ウインナーは用途ごとに冷凍で保存!時短レシピやお弁当に大活躍

毎日の朝食やお子さんのお弁当に欠かすことのできない食材、ウインナー。お値段が安くなった時に買いだめをしたものの、使い切れずに賞味期限が間近!という経験はありませんか?今回は捨てずに上手に冷凍保存し、おいしく解凍するポイントをご紹介します。

2018年12月4日 更新

密封容器に入れる

ひとつひとつをラップで包んでいくのは手間がかかる!という方は、密封容器やフリーザーバックのような密封できるものに入れても問題ありません。その際、容器や袋に入れたら、必ずしっかり空気を抜くのを忘れないでくださいね。
また、一度冷凍庫の中に入れてしまうと、他の冷凍品と混ざり、何をどの日に冷凍したのか分からなくなってしまうので、袋などに中身や冷凍した日付を書いておくのもおすすめです。いつ頃までに食べればいいのか目安になるので良いでしょう。

切って冷凍してもいいの?

ウインナーは、1本丸ごとでも良いですし、使いやすいように薄くスライスして冷凍しても大丈夫です。薄くカットした方が冷凍保存時のスピードも早く、鮮度を落とさずに冷凍できますから、使うお料理によってはこちらの方がよいかもしれませんね。また、解凍スピードが早いため、冷凍のまま調理をしたとしても火が通りやすいメリットもありますよ。
丸ごと冷凍するか、切って冷凍するかによる味や食感の変化はないようですが、「調理時間はとにかく短く済ませたい!」「一度に少しずつしか使わない」という方は、カットして冷凍した方がムダがなくて良いでしょう。

ウインナーの解凍方法

冷凍した食品を解凍する際に、冷凍時に凍った細胞の中の水分が溶けて水になり、傷ついた細胞から流れ出ていきます。水分を失ってやわらかくなった食品は、食感が失われて、フニャッとしてしまいます。また、この流れ出た液体には、食品本来の旨味や栄養も含まれているので、味もぐっと落ちてしまうのです。
冷凍したウインナーをおいしく食べるためには、冷凍のみならず解凍時にもコツがあります!次に、解凍時のポイントを抑えていきましょう。

冷蔵庫で自然解凍

時間がある時は冷蔵庫で解凍する低温解凍がおすすめです。低温で解凍することで、細菌の繁殖や解凍しすぎを防ぎ、品質を落とさずに解凍することができます。冷蔵庫での解凍は庫内温度が2~5℃が最適とされており、この低温状態を維持することで品質を守り、1〜2日程度冷蔵保存することができると言われています。
冷蔵庫で自然解凍する場合は、大きさにもよりますが半日程度が目安です。夕飯に使いたい時は、朝から冷蔵庫に移動して解凍しておきましょう。
冷蔵庫での解凍と同じように、低温で解凍する方法としては、氷水を使った解凍方法もあります。液体は空気より熱伝導率が高いので、冷蔵庫での解凍方法より多少早く解凍することができます。ただし、解凍時にウインナーに水が触れると風味がぐっと落ちてしまうので、水に触れないように密閉した状態で氷水につけるようにしてくださいね。ウインナーを冷凍する時は急速に。解凍する時はじっくりと。これが大切なポイントです。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS