ライター : ichika

宮古島在住ライター

沖縄県宮古島在住、男の子のママライターです!また読みたくなるような情報をお届けできればと思います♪

カルディで購入したいおすすめドレッシング

コーヒー豆やユニークな輸入食品が多く見つかる「カルディ」。主婦の間でファンが多く、「訪れるたびにぐるぐる探検しちゃう!」という人も。多くの商品の中でも、バラエティ豊かなドレッシングが人気なんです!

この記事では、カルディで発売されているドレッシングから、おすすめ商品をご紹介します。

1. フォロミール

Photo by muccinpurin

410円(税込)
こだわり調味料の宝庫・カルディでも、人気のあまり入手困難が続いている「フォロミール」。

徳島県徳島市にある「有限会社 やましな」という食品メーカーで作られており、常においしい状態で味わってもらいたいというこだわりから、あえて在庫を置かないという方法を取っています。受注生産によって作られたドレッシングは、作り立てを常に最高の状態で販売店に届けられるんです。

一切加熱しないで作られるフォロミールは、とにかくフレッシュ。国産玉ねぎとにんにくにマスタードやなたね油を混ぜて、完全非加熱で製造されます。加熱しないことで、生の野菜の香りや風味をそのままキープでき、作りたてのような味わいを実現しています。

玉ねぎの甘み、にんにくの食欲をそそる香り、マスタードのほどよい刺激が全体をまとめます。お酢はそこまできつすぎず、とてもまろやかで食べやすい味わいです。

詳しいレビューはこちら▼

2. サラダの旨たれ

Photo by akiyon

429円(税込)
カルディの「サラダの旨たれ」は、ごまとニンニクの風味が効いた、醤油ベースのたれ。サラダにかけて食べるだけでなく、いろいろな料理の調味料として使えます。

緑色のキャップが目印のプラスチックボトルは、外ブタだけでなく注ぎ口にも内ブタがついています。液だれしにくい構造が便利です。内容量は290mlと、一般的なドレッシングと同じくらいの量が入っていますよ。

特筆すべきポイントは、材料に「酢」が使われていないこと。そのためほかの調味料とも合わせやすく、和え物から炒め物まで使えるんです。意外にも、酢抜きのドレッシングにはなかなか出会えないんですよね。

詳しいレビューはこちら▼

3. 修善寺トリュフドレッシング&ソース

Photo by akiharahetta

315円(税込)
贅沢なトリュフドレッシング&ソース。まず最初ににんにくのガツンとしたパンチがあり、次に玉ねぎの甘さが広がります。全体的にしっかりしたコクのある味。この深いコクのなかにトリュフの風味が見え隠れしますよ。

サラダにはもちろん、魚、肉料理にも大活躍します!あらゆる食材がリッチなごちそうになる魔法のソースですよ。

詳しいレビューはこちら▼

4. クリーミーナッツドレッシング

Photo by macaroni

398円(税込)
ケンコーマヨネーズから販売されている「神戸壱番館 クリーミーナッツドレッシング」は、サラダ以外の料理にも活用できる万能ドレッシングです。

アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツが入っており、つぶつぶ食感を楽しめます。からあげやパスタとも相性がよいですよ。

詳しいレビューはこちら▼

5. 豆乳ドレッシング シェントウジャン風

Photo by muccinpurin

351円(税込)
シェントウジャンといえば、搾りたての豆乳に黒酢を加え、パクチーや桜海老を浮かべた料理。台湾の人々は早朝からトウジャンを求めて店に列を作り、甘くて濃厚な豆乳で一日のスタートを切ります。

日本向けのガイドブックにも有名店の情報が掲載され、まだ暗いうちから行列を作るほどの人気です。それがまさかドレッシングになるとは、豆乳好きな筆者も「そうきたか!」と意表を突かれました。

豆乳ならではのまろやかさがありながらも、すっきりさっぱりとしていて、野菜との相性は抜群!ごまだれほど濃すぎず脂肪分も少ないので、見た目以上にさっぱり食べられますよ。

生野菜だけでなく、じゃがいもやブロッコリーなど、温野菜サラダとも相性がよさそう。大豆繋がりで豆腐にかけてもおいしく食べられそうです。たんぱく質祭り……!

詳しいレビューはこちら▼
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ