ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

食卓にも秋到来!

Photo by akiharahetta

昼間はまだ残暑を感じる日があっても、朝夕はすっかり涼しくなり、秋もそろそろ本番へ突入といった今日この頃。味覚も夏のさっぱり系から、コクのあるものへとシフトチェンジしています。 リッチな味を楽しみたい秋冬にぴったりなひと品をカルディで発見しました。

これひとつで秋の味覚に。「トリュフドレッシング」

Photo by akiharahetta

カルディの「トリュフドレッシング&ソース」315円(税込)
今回見つけたのは「トリュフドレッシング」。カルディでは、すでにトリュフ塩やスナック類などのトリュフ商品の取り扱いがありますが、ドレッシングは初めて見ました。 振りかけるだけで手軽に贅沢さが味わえるならうれしい商品ですよね。よく見るとドレッシング&ソースと書かれていますが……。

底に見えるつぶつぶはもしや?

Photo by akiharahetta

カルディの「トリュフドレッシング」はガラスのボトル入り。そのボトルの底を確かめてみると、なにやら黒いつぶつぶが見えます。 どうやらこれがトリュフのよう。贅沢にたっぷり入っていますよ!

トリュフの風味が見え隠れ

Photo by akiharahetta

なにはともあれまずは味見から。小皿に出して色や香りを確認しながら、スプーンで少しなめてみました。この段階ですでにいい香りがしていますよ。 まず最初ににんにくのガツンとしたパンチがあり、次に玉ねぎの甘さが広がります。全体的にしっかりしたコクのある味。この深いコクのなかにトリュフの風味が見え隠れしますよ。

Photo by akiharahetta

ドレッシングとしては酸味が控え目なのですが、しっかり味なので生野菜がちょっとしたおかずのようになります。トマトにかけてみたら相性バツグンでした。 酸っぱいのが苦手な人も安心して食べられるドレッシングと言えそうです。名前通りドレッシングとしてもソースも使える万能さです。

魚や肉にもソースとして使えます

Photo by akiharahetta

パッケージに “白身魚に” と書かれていたので、タラをムニエルにしてみました。「トリュフドレッシング」はあとがけでソースとして使います。 かけるだけで、あらゆる食材がリッチなごちそうになる魔法のソースですよ。

Photo by akiharahetta

ムニエルなのでしっかりめの量のバターで焼いてみました。ちょっとトゥーマッチかなと思ったのですが、ソースとうまい具合に融合し、家庭の味から一歩踏み出たメニューができあがりました。

冷しゃぶサラダのソースにも

Photo by akiharahetta

きっとステーキソースに最適なんだろうなと思いつつ、家計の事情により豚小間に使ってみることに。 冷しゃぶサラダのたれとして、オリーブオイルを少し足してかけてみました。こちらも絶品で、即完売という結果でした。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS