外パリ中じゅわっ!簡単やみつき明太ポテト手羽先餃子

「明太ポテト手羽先餃子」の作り方とレシピを動画でご紹介します。鶏手羽先の中に、明太子を混ぜたマッシュポテトをたっぷり詰めて、フライパンで焼けばできあがり!鶏皮のパリパリ感と明太マヨのピリ辛味がくせになる、ちょっと変わった手羽餃子です。

材料

  • 鶏手羽先(大)6本※小さめの場合は8~10本
  • しょうが(すりおろし)小さじ1杯
  • 大さじ2杯
  • しょうゆ大さじ2杯
  • じゃがいも1個(100g)
  • 明太子1/2腹
  • 塩こしょう少々
  • マヨネーズ大さじ1杯
  • サラダ油小さじ2杯

下ごしらえ

・じゃがいもは皮をむいて水にさらし、ひと口大に切ります。
・明太子は皮から取り出しほぐします。

作り方

1

手羽先の細い骨と太い骨の間の靭帯をキッチンバサミで切り、周りの軟骨や筋を切って骨と肉を切り離します。関節を折り、キッチンペーパーを使って回しながら骨を抜きます。

2

ボウルに手羽先としょうが、酒、しょうゆを入れてよく混ぜ合わせ、10分ほど置いたあとにキッチンペーパーで軽く水気を取ります。

3

じゃがいもをレンジ600Wで4分加熱し、マッシャーでつぶします。※レンジによって加熱時間が異なりますので、様子をみて調整してくださいね!

4

③に明太子、塩こしょう、マヨネーズを加えて、しっかりと混ぜ合わせて6等分にします。②に詰めて中身がこぼれないように口を閉じます。※手羽先は焼くと縮むので詰める量は多すぎないほうが良いですよ。

5

熱したフライパンにサラダ油を引いて熱し、皮目を下にして焼きます。こんがり焼き色がついたら裏返し、フタをして10分蒸し焼きにします。

6

⑥の表面がパリッとしたら完成です♪お好みでこしょうをかけて召し上がれ!

コツ・ポイント

骨を引き抜く時は、手が滑るのでキッチンペーパーなどで骨をつかんで抜いてくださいね。手羽先は脂が多いので、焼くときの油は少な目で、表面がパリパリになるくらいまでしっかりと焼くのが美味しく作るポイントです!
▼人気の鶏肉レシピをもっとチェック!

特集

SPECIAL CONTENTS