3. 冷めてもおいしい。干ししいたけの水餃子

こちらは干ししいたけの旨みがたっぷり入った水餃子です。干ししいたけを戻してから具材として使うと、生のしいたけよりも旨みが強いので風味がしっかり付きますよ。温かいままでも冷やしてもおいしいですよ。

4. そのままパクリ。トマトと卵の水餃子

こちらは、相性のいいトマトと卵を使う変わり水餃子です。トマトはサイコロ状に切って軽くつぶして水分を取り、炒り卵と混ぜてタネにして包みます。しっかりと味が付くので、このまま食べられますよ。普通の水餃子とはまた違った味わいで、お肉が食べられない方にもおすすめです。

5. トマトダレが絡む。イタリア風モッツァレラ水餃子

Photo by macaroni

変わり種水餃子をもうひとつ。こちらはイタリア風のモッツァレラ水餃子で、生ハムも一緒に包んで「ラビオリ」のように仕上げます。トマトポン酢たれをかけると、チーズ入りの水餃子にぴったり。水餃子がゆであがったらオリーブオイルをかけておくと、くっつかずに食べられますよ。

6. いつもの味に飽きたら。わわ菜とワサビの水餃子

白菜と似た野菜のわわ菜とワサビでさっぱり大人の味の水餃子です。変わり種ですが、おいしいと人気のレシピ。わわ菜は白菜でも代用可能なので、いつもの味に飽きたらぜひ作ってみてくださいね。

味付けどうする?水餃子の人気タレレシピ6選

7. 混ぜるだけで簡単。韓国風の旨辛ダレ

Photo by macaroni

こちらの「よだれ水餃子」は、コチュジャン、甜面醤(テンメンジャン)、白ごまなどが入った韓国風の旨辛ダレでいただきます。材料はたくさん使いますが、混ぜ合わせるだけなので簡単ですよ。水餃子に絡めれば、箸が止まらなくなるほどのおいしさ。タレが絡みやすい水餃子の包み方もチェックしてみて。

8. 冷奴や麺類にも。万能調味料ニラダレ

水餃子だけでなく冷奴にかけたり麺類に入れたりと活躍する、万能調味料のニラダレです。細かく切ったニラに調味料を混ぜ合わせて、ひと晩置いたらできあがり。冷蔵庫で保存しておけるので、作り置きしておくといろいろな料理に使えますよ。お好みでにんにくやラー油を加えてもおすすめです。

特集

FEATURE CONTENTS