しっとり食感♪ カステラの基本レシピ&人気アレンジ5選

ふわふわしっとりがたまらない、おいしいカステラ!この記事では、パウンド型で作るカステラのレシピをmacaroni動画でご紹介します。ポイントをおさえれば簡単♪ HMを使ったものやフライパンで作るもの、牛乳パックを型にした人気のアレンジレシピも要チェックです。

2019年10月25日 更新

パウンド型で作る!カステラの基本レシピ

調理時間: 50 分

材料(21×5×6cmパウンド型1台分)

・卵……2個
・三温糖……70g
・強力粉……50g
・みりん……小さじ1杯
・はちみつ……25g
・ぬるま湯……小さじ2杯

下ごしらえ

・卵は常温に戻します。
・オーブンは190℃に予熱します。

作り方

ボウルの中で混ぜられているカステラの生地

Photo by macaroni

1. ボウルに卵を割り入れてミキサーでほぐし、三温糖を加えて白っぽくなるまで泡立てます。
白っぽくなったカステラの生地

Photo by macaroni

2. みりん、はちみつ、ぬるま湯を加えてミキサーの高速で1分ほどかき混ぜます。
ボウルの中に強力粉が入っている

Photo by macaroni

3. 強力粉を振るい入れ、再度高速でかき混ぜます。全体がなじんだら低速でキメを整え、リボン状になるまでかき混ぜます。
ボウルの中の生地がヘラで混ぜられている

Photo by macaroni

4. ヘラで切るように大きな泡を潰し、高めの位置から型にゆっくりと流し入れます。10cm程度の高さから数回落として空気を抜き、竹串などで空気を潰します。
パウンドケーキ型にカステラの生地を流している様子

Photo by macaroni

5. 天板を2枚重ねた上に4を置き、190℃で3分焼いて取り出します。その後160℃で10分焼き、オーブンシートをかぶせてさらに160℃で20分焼きます。
ラップがされたカステラの生地

Photo by macaroni

6. 型を10cm程度の高さから数回落として空気を抜き、型から出してラップでぴったりと包み、粗熱を取ってから冷蔵庫でひと晩寝かせて完成です。
【レシピ提供 @gemomoge】

カステラを作るときのポイント

天板を重ねて熱の入りを均一に!

天板が2枚ある場合は重ねて使いましょう!重ねることで熱の当たりが緩やかになり、焼きムラや焦げを防ぐことができます。天板が1枚の場合は、こまめに焼き加減をチェックしながら焼き上げましょう。

ひと晩寝かせてしっとり食感に

焼きたてふんわりの食感もいいですが、カステラの魅力は独特のしっとり食感♪ 焼き上がったらラップで包み、冷蔵庫で寝かせることで、びっくりするほどしっとりした食感を楽しめます。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

4575

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう