ローディング中

Loading...

手軽に食べられて、つるつるっとのど越しのよいうどんは、日本のソウルフードのひとつですよね。生麺や乾麺、細長いものから極太まで、タイプもいろいろありますが、あらためて「日本三大うどんって何?」といわれて、みなさんパッと思い浮かびますか?

問題、あとひとつはなんだ。

この記事は、三越伊勢丹が運営する、らしさに出会える、食メディア「FOODIE」の提供でお送りします。
手軽に食べられて、つるつるっとのど越しのよいうどんは、日本のソウルフード。いまや全国各地にご当地うどんがあって、生麺や乾麺、細長いものから極太までタイプもいろいろあります。

でも、あらためて「日本三大うどんって何?」といわれて、みなさんパッと思い浮かびますか?

3つ目は「五島」か「水沢」が有力候補!

調べてみると「三大うどん」には諸説あり、香川県の「讃岐うどん」、秋田県の「稲庭うどん」に加え、残りのひとつは、長崎県の「五島うどん」と群馬県の「水沢うどん」が有力候補。ここに富山県の「氷見(ひみ)うどん」が入って五大うどんと呼ばれるようです。

今回、「讃岐」「稲庭」「五島」を比べてみたところ、製法や原材料、食べ方などにそれぞれ個性があることを発見。「うどんはどれも小麦粉を練って切るだけ」と思っていたのは大きな間違いでした!

【讃岐うどん】 手打ちの代表格! コシが強くモチモチ

香川県の讃岐うどんは手もみ・足ふみしてこねた生地を平たく伸ばし、包丁で切る「手打ち」製法の代表格です。一説には、空海が中国からうどんの製法を持ち帰り、良質な小麦と塩が採れた讃岐に根づいたといわれています。
<讃岐ざるうどんの宗家 川福>本生うどん 高松小町(1人前)1袋 120g 194円(税込)。のど越しのよさを独自に追求して長さ90cmに。直径は4mmと讃岐うどんとしてはやや細め。

<讃岐ざるうどんの宗家 川福>本生うどん 高松小町(1人前)1袋 120g 194円(税込)。のど越しのよさを独自に追求して長さ90cmに。直径は4mmと讃岐うどんとしてはやや細め。

10~15分かけてゆでた麺はしっかりコシを感じ、噛みしめるとモチッとして小麦の香りがふんわり。かつお節にいりこやさば節などを加えた、瀬戸内海ならではの香り高い上品なつゆが、麺の美味しさを引き立ててくれます。

熱々の麺と卵につゆやしょうゆをかけて食べる「釜玉うどん」や、ゆでた麺に濃いめのだしをかけて食べる「ぶっかけうどん」など、さまざまな食べ方があり、気軽な日常食として地元民に愛されています。

【稲庭うどん】 一般人は食べられなかった献上品!

秋田県の稲庭うどんは、練る・綯(な)う(=より合わせること)・延ばす・かけるの工程を経て熟成を重ねていく、独特の「手延べ」製法で作られます。

その歴史は古く、江戸時代から殿様に献上されており、昭和47年に<佐藤養助>がその製造技術や粉の配合を家人以外に公開するまでは、一般には食されることがなかったというから驚きです。
<佐藤養助商店>七代佐藤養助 稲庭干温飩(麺長27cm) 1袋 180g 594円(税込)。稲庭うどんの中では塩分が少ない<佐藤養助商店>独自の配合。

<佐藤養助商店>七代佐藤養助 稲庭干温飩(麺長27cm) 1袋 180g 594円(税込)。稲庭うどんの中では塩分が少ない<佐藤養助商店>独自の配合。

形状は幅2~3mmの平たい乾麺。ゆで時間は3分と短め。半透明な乳白色になったところで引き上げて、氷水でキリッと締めると美しいツヤが出ます。

まずは、かつおと昆布のきりりとした味の正統派のつゆ、ねぎ、わさびやしょうがでシンプルに味わうのがおすすめ。なめらかな口当たりのあと、スッと喉を通り抜ける爽快なのど越しは、はっと目を見開く美味しさです!

【五島うどん】 中国伝来、生パスタ風のもちっと食感!

遣唐使の時代に中国から伝わり、日本の麺ロードの拠点とされたのが長崎県・五島列島に伝わる五島うどん。

稲庭うどんと同じく「手延べ」製法ですが、「打ち粉」で伸ばさず特産品の「椿油」を塗って細長く伸ばします。生地には上五島で造られた塩を練り込み、コク深いあごだしのつゆで食べるという、まさに五島列島の自然が育んできた麺。

断面は直径2mmほどのスパゲッティに似た丸状。コシが強く長くゆでても伸びにくいのが特徴です。
<長崎五島うどん>五島手延うどん 1袋 200g 432円(税込)。伸びにくいので中華麺やパスタのように食べるのもおすすめ。

<長崎五島うどん>五島手延うどん 1袋 200g 432円(税込)。伸びにくいので中華麺やパスタのように食べるのもおすすめ。

地元で定番の食べ方は、大鍋にたっぷりの湯をぐらぐらと沸かして麺を7~8分ゆで、そのまま溶き卵やあごだしのつゆにつけて食べる「地獄炊き」。

口の中にチュルンと入り、少しモチッと弾力がある食感は「生」パスタに近いかも!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 納豆 チーズ ランチ うどん まとめ

釜玉うどんを作るのは少し面倒なのでは……そう思う人も少なくないでしょう。それでも、普通のうどんを作るときにひと手間かけるだけで、おいしい釜玉うどんができあがります。今回はそんな人気の釜玉うどんのレシピを紹介し…

フルーツ

お野菜やフルーツには漢字表記名があります。さまざまな漢字表記名があるため、読めないものもあるでしょう。「西瓜」とはどのような食材なのか、あなたは読めますか?ここでは西瓜について、さまざまなルーツをご紹介しまし…

麦茶 コーヒー

今すぐ麦茶を飲みたいけど、家に麦茶がない……!そんな時に役立つかもしれない裏技をご紹介します。なんと、インスタントコーヒーを使うんですよ。普通の麦茶と味比べしてみましたので、作り方と合わせてご紹介します♩…

お料理のレシピを見ていると、浅葱を使用するものもありますね。浅葱とは、どのような食べ物かをご存知でしょうか?浅葱と万能ねぎ、さらには小ネギなどををまったく同じものだと思っている方もいるようです。でも実際には全…

レシピ うどん キャベツ 豆腐

味噌のコクとお肉のうまみがぎゅっと詰まった肉味噌は、お子さんにも大人にも大人気!今回は、肉味噌の作り方と、肉味噌を使った「丼」「うどん」「キャベツ」「冷奴」「なす」料理をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくだ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

macaroni_repro

提携メディアの記事を配信するアカウントです。美容系のコラムや百貨店...

ページTOPに戻る