すきま埋めにもぴったり♪「お花ソーセージ」なら切り込むだけでデコ弁風!

毎日のお弁当作り、たまにはキャラ弁でも……と思っても、なかなかハードル高く感じませんか。そんな人こそぜひチャレンジしてほしい、簡単ステップの超絶かわいいレシピ。お弁当にお花が咲きほこる「お花ソーセージ」の作り方をマスターしましょう!

お弁当に花を咲かせましょ♩

普段のお弁当をかわいくする飾り切りなどがInstagramで話題になっています。お弁当がかわいらしいと食べる人はとってもテンションが上がりますよね。ご家族でも、もちろんご自身でもそうだと思います。
かわいいお弁当といえば、「キャラ弁」が大流行していますが、ちょっと自分にはむずかしいという人いませんか?そんな方におすすめの、簡単かわいい飾り切りがあるのです!その名も「お花ソーセージ」。お弁当にお花が咲いたらどんなにかわいらしいことでしょう。これからのお花見シーズンにもぴったりですよ。

お花ソーセージって?

材料は「ソーセージ」と「コーン」だけ。小花のように繊細でかわいらしい雰囲気です。
作るのが簡単そうなのにとってもかわいいと人気は急上昇。チャレンジもしやすい印象なので、毎日のお弁当のおかずとして重宝されているようです。
お花の数は少なくても、お花の黄色いコーン部分が良いアクセントになりますね。お弁当のおかずはひとつでも増えたら助かるものです。ソーセージはお弁当にもぴったりですし、男性にもお子様にも好評のはず!
お花が密集すると、まるでお花畑に。メインが大きいお弁当の時には、装飾として救世主になりますね。サラダメインのお弁当でも、たんぱく質としてお花のソーセージを散らせばお花畑に大変身しそう。お弁当に敷き詰めたケチャップライスやピラフに挿すだけでも、いつもとはだいぶ違った印象になりますよ。

お花ソーセージの作り方

材料

・ソーセージ
・コーン

用意するものはこのふたつのみ。コーン以外に枝豆やマスタード、ミックスベジタブルなどのお好みの具材でアレンジをしても大丈夫ですよ。せっかくならば簡単に、冷蔵庫にあるもので工夫してみましょう!

作り方

1. ソーセージを半分の長さに切ります。
2. ソーセージに切り込みを入れます。5mm位の深さまで6等分にするのが主流です。5等分や4等分など、お好みのデザインに変えてしまってもOK!
3. レンジで切れ目が開くまで加熱します。(10数秒を目安に見張ってください。)ほかにもフライパンで焼くや茹でるなどの方法があります。加熱によりお花が開けば大丈夫。
4. 開いたお花の真ん中部分に、コーン(またはお好みの具材)を挟んでできあがりです。

みんなのお花ソーセージをチェック♩

1. マーガレット風お花ソーセージ

花びらの形を少しシャープに切るだけで、ほかとは違った可憐な印象です。切り込みを深くするや花びらの枚数を増やすなど、毎回アレンジを加えてお好みの形を追求していくのも楽しみのひとつになるのでは?こだわった分、存在感が増してお弁当のメインのおかずにもなりそうです。

2. コーンの代わりにケチャップで

よーく見ると、お花の中心にはコーンの代わりにケチャップが♪ 黄色も鮮やかでかわいいですが、赤もすてきですね。

3. 枝豆でポップに♩

特集

SPECIAL CONTENTS