インスタントカップ容器

お湯を沸かすのが面倒だし、カップ麺に直接水をいれてレンジでチンすれば出来上がるんじゃない?と思った事のある方、少なくないのでは。 実は、カップ麺のふたの裏側にアルミが使われていることがあるのです。確かに、紙だと思ったふたの裏をよく見てみると銀色だったりしますよね。そのような容器を電子レンジで加熱すると危険ですので、絶対にしないでください。 最近では、電子レンジで加熱調理するタイプのインスタント食品もあります。調理方法を必ず確認し、記載の方法通りに調理するようにしましょう。

おかずカップ

お弁当を作るときに便利なおかずカップ。色や柄が描かれたものと比べるとリーズナブルなことから、アルミ製のおかずカップを使っている方もいらっしゃると思います。便利なアルミカップですが、電子レンジで温め直すときはアルミ製のものが入っていないことを確認し、入ってる場合は取り除いてからレンジに入れてくださいね。

レトルト食品パッケージ

レトルト用のパッケージは、そのほとんどがアルミ製です。これは、熱を通しやすいので湯銭ですぐに食品が温まる優れもの。ですが、電子レンジで温める際は、中身を必ずレンジ加熱が可能な容器に移し替えてくださいね。レトルト食品も調理方法をよく確認し、誤って事故など起きないように気を付けましょう。

簡易式鍋焼きうどん

鍋焼きうどんの容器もアルミ製の場合がほとんどです。ガスに直接かけることはできますが、電子レンジでは使用できません。 インスタントやレトルト、鍋焼きうどんなど加熱するだけで食べられる便利な商品がたくさんありますが、作り方も簡単だからと言って、どんな方法で調理してもよいという訳ではないのですね。その商品自体が食べられなくなってしまうだけでなく、ケガや火災のもとにもなりかねないので、必ず容器が何製であるか、そして調理方法を確認することが大切ですね。

その他オーブン機能で注意が必要な容器

レンジで加熱する際に注意が必要なアルミ製容器をご紹介いたしました。アルミがOKなオーブン機能でも、使用の際注意が必要な容器がありますのでご紹介いたします。

耐熱性のない容器

ガラスやプラスチック容器など、耐熱性のないものはオーブンでは使用できません。容器が変形したり溶けてしまう恐れや、ガラスの場合は割れてしまいケガのもとになりかねませんので、注意が必要です。 プラスチック容器の場合は、「電子レンジ可能」という記載があってもオーブン機能で使用するのは控えた方がよいでしょう。ガラスの場合は耐熱ガラスでしたら使用可能ですが、見た目では普通のガラスと見分けにくいので、間違えることのないよう必ず耐熱であることを確かめるように心がけましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS