ローディング中

Loading...

食材の保存などに便利なアルミホイル。ですが、うっかり電子レンジに入れてしまい、火花が出てしまったという経験をお持ちの方はいませんか。そんなアルミホイルですが、ちょっとしたコツを押さえれば、火花を出さずに電子レンジを使うことができるんです。

電子レンジでアルミホイル使って平気?

日々の生活に欠かせない電子レンジ。最近では、「電子レンジ対応可」と書かれた容器やお皿も増えてきました。ですが、各容器の素材について考えたことはありますか?

そこで注目したいのが、その容器です。コンビニのお弁当やタッパー容器など、「レンジで温め可能」と書かれている容器にはアルミがひとつも使われていないんです。

うっかり電子レンジにアルミ素材が使われた容器を入れてしまうと、たちまち火花が飛び、場合によって爆発が起こってしまう可能性も。うっかり電子レンジにアルミホイルを入れてしまい、パチパチとした音がした瞬間、慌ててスイッチを止めたという方も多いのではないでしょうか。

そんなアルミホイル、毎日のように電子レンジを使っているかたからするとちょっと面倒ですよね。ですが、最近の電子レンジは温め機能以外にも様々な機能があるオーブンレンジが主流となっています。そのオーブン機能であれば、アルミホイルを使っても大丈夫なのだそうです!

そもそもなぜアルミホイルは電子レンジで使うと危険なのでしょうか?今回は、電子レンジでアルミホイルが使えない理由や、アルミ以外の使用NGな容器について調べてみました。

オーブン機能を使えばアルミホイルもOK!

現在広く売り出されている家庭用のレンジは、電子レンジの機能のみでなくオーブン機能などを兼ね揃えたオーブンレンジが主流です。このオーブン機能を使う場合は、アルミホイルを使っても火花がでることはありません

一般的に、オーブン機能を使用した際、電熱線等の放射熱を使って食品を温めます。アルミホイルは放射熱であれば熱しても問題ないので、オーブン機能ならばアルミホイルを使うことが可能です。

熱を伝えやすく水蒸気を逃がさないアルミホイルは、お料理の際にとても便利ですよね。ホイル焼きなど電子レンジではできない調理法は、ぜひこのオーブン機能を活用してください。

溶けて食材に混ざり込む!?オーブンにラップはNG!

反対に、電子レンジはOKなものの、オーブンでは使えないものもあります。それが、ラップです。オーブン機能ではヒーター熱で直接熱しますので、その熱でラップが溶けてしまいます。溶けたラップが食品に混ざってしまい、誤って食べてしまう危険性がありますので、間違えないよう気を付けておきましょう。

電子レンジの加熱にアルミホイルは危険

オーブン機能を利用せずに電子レンジでアルミホイルを使うと危険が伴いますが、オーブン機能を使えば問題ない、ということが分かりました。ここからは、オーブン機能を利用せずに電子レンジでアルミホイルを使うと、なぜ危険なのかを説明します。

火花が出る原因は?

まずはアルミホイルと電子レンジ、それぞれの特性をご説明します。

アルミホイルはアルミ箔とも言われるように、アルミニウムという金属を薄く延ばしたものです。

次に、電子レンジで食品を温めるメカニズムは、マイクロ波という電磁波の一種を放射して、食品に含まれる水分を振動させることで加熱する、というもの。電磁波は、アルミなどの金属に当たると、電磁誘導という現象により電流が発生します。

この電流は通常、出口を求めて流れていくのですが、アルミホイルの尖った部分などがあると、そこが出口となり、そこから一気に放電するのです。これにより、電子レンジ内で火花が発生するという現象が起きてしまいます。

これが、レンジの故障につながったり、最悪の場合、火災の原因になる可能性もありますので、十分注意するようにしましょう。

身近なアルミ製容器にも注意!

電子レンジでアルミを加熱するといかに危険か、そしてその理由についてご紹介しました。実はアルミは、アルミホイル以外にも、うっかりレンジで使ってしまいそうな様々な容器に使われているのです。次のような容器も電子レンジで加熱してしまう事のないよう、ご注意ください。

インスタントカップ容器

お湯を沸かすのが面倒だし、カップ麺に直接水をいれてレンジでチンすれば出来上がるんじゃない?と思った事のある方、少なくないのでは。

実は、カップ麺のふたの裏側にアルミが使われていることがあるのです。確かに、紙だと思ったふたの裏をよく見てみると銀色だったりしますよね。そのような容器を電子レンジで加熱すると危険ですので、絶対にしないでください。

最近では、電子レンジで加熱調理するタイプのインスタント食品もあります。調理方法を必ず確認し、記載の方法通りに調理するようにしましょう。

おかずカップ

お弁当を作るときに便利なおかずカップ。色や柄が描かれたものと比べるとリーズナブルなことから、アルミ製のおかずカップを使っている方もいらっしゃると思います。便利なアルミカップですが、電子レンジで温め直すときはアルミ製のものが入っていないことを確認し、入ってる場合は取り除いてからレンジに入れてくださいね。

レトルト食品パッケージ

レトルト用のパッケージは、そのほとんどがアルミ製です。これは、熱を通しやすいので湯銭ですぐに食品が温まる優れもの。ですが、電子レンジで温める際は、中身を必ずレンジ加熱が可能な容器に移し替えてくださいね。レトルト食品も調理方法をよく確認し、誤って事故など起きないように気を付けましょう。

簡易式鍋焼きうどん

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【朗報】マカロン食べ放題♡マカロンを家庭で作れるキット見つけたよー!

マカロンは買いに行くのではなく作る時代へ!マカロンと言えば、女の子の好きなスイーツでも間違いなく上位に食い込んでくるであろう1品。そんなマカロンをご家庭で作れるというハッピーなキットを見つけましたのでご紹介し…

美味しい魔法の粉!どのメーカーのホットケーキミックスがイイの?

おうちカフェにおすすめなのが、手軽にできるホットケーキですね。 しかし、たくさんある中から自分の好みに合うホットケーキミックスがどれなのかわからない人も多いのでは? そこでホットケーキミックスのレビューをまと…

あっと驚く簡単レシピ!ワッフルメーカーの活用アイデア10選

あなたのお家に「ワッフルメーカー」は眠っていませんか?食事からスイーツまで、あっと驚く簡単レシピをご紹介します!ワッフルのカリカリとフワフワ食感はどの料理にも合うんです♩あなたのアイデア次第でワッフルメーカー…

省エネになるかも?「電気ケトル」を使って料理ができるらしい!

すぐにお湯を沸かせる電気ケトル。ひとり暮らしの方は重宝しているかもしれませんね。その電気ケトルを使って、料理までしている人もいるようです。使い方によってはかなり便利&省エネになるとか!

電子レンジの掃除はチンするだけ!頑固な汚れもコレでばっちり♪

あなたの家の電子レンジは汚れていませんか?汚れは電子レンジをパワーダウンさせてしまっているそう…。めんどくさそうな掃除も実は簡単!チンするだけなんです♪頑固な汚れへの対処法も教えちゃいます!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

やっぱり気になる!?カフェのフードメニューカロリーをまとめてみた。

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

タルタルソースの「タルタル」って何? 想像の斜め上をいく「料理名の意外すぎる由来」7選

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

ハッピーホルモン「セロトニン」を増やすおすすめ食材5選

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実はこの物質は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるようです。食生活を…

花見やハイキングの強い味方!使い捨てだけどかわいい食器『3』選

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

連載記事

筍を煮るだけなのに美味しすぎ♩濃い系『筍の土佐煮』のレシピ

立派な皮付きの筍が楽しめるのは今時期だけ。スーパーで生の筍を見て、筍料理に挑戦したくなった方も多いのではないでしょうか?今回は、筍の使い方に迷ったらまず作りたい王道レシピをご紹介!お酒がすすむひと品です。

スマステ厳選!一生手放したくない「ごはんの友」珠玉のおすすめ商品12選!

深夜の飯テロ常習犯『スマステーション(SmaSTATION!!)』がまたやってくれました。今回は食欲進む「ごはんのお供」特集。ごはんの“友”と題する逸品たちはコスパも最強の1,000円以下ばかり。売り切れ続出…

さっくり軽やか!「揚げないかき揚げ」はヘルシー&後片付け楽チン♩

サクサクの食感がたまらない「かき揚げ」は、丼にして食べたり、うどんやそばのお供など、さまざまな場面で活躍していますよね。しかし、油であげることで高カロリーになりがち……。そんな悩みを解決してくれる「揚げないか…

ページTOPに戻る