3.ヘルシーな玄米と押し麦のおかゆ

ダイエットのときの夕食や、風邪をひいて寝込んだとき、面倒な調理なしで作れて身体にやさしいおかゆって、ほっこりしますよね。お湯にカツオだしやそばつゆを少し加えると、ぐっとうま味が増しますよ。梅干しや、おかかなどをトッピングして味わいましょう。

4.お野菜たっぷりのヘルシーがゆ

小さくカットした季節のお野菜をたっぷりと入れて、ヘルシーなランチはいかがですか?冷凍食品のカット野菜を使ってもOKです。鶏のひき肉やツナなどを加えれば、コラーゲンやDHAも摂れて、食後の満足感もアップします。ナンプラーを加えれば、エスニック風のアレンジも。

5.サムゲタン風のおかゆ

韓国の薬膳料理として知られる、サムゲタン風のおかゆです。高級な薬膳食材は使わなくても、鶏ガラスープとニンニク、生姜、ネギ、きくらげなどを使えば、身体が温まって風邪気味のときにもおすすめのひと品に仕上がります。

6.チーズとミートソースのミルフィーユ

洋食のチーズリゾット風おかゆを。レトルトのミートソースをお鍋で温めて、生米ではなくて温かいご飯と交互に重ねてゆきます。ピザ用チーズを最後にのせて、トロ~リと。休日のブランチにいかがでしょうか?

7.ポルチーニのクリームリゾット

チーズとポルチーニを贅沢に使って、これはちょっと優雅な味わい。お皿に盛れば、立派な休日ディナーの逸品になります。パルメザンチーズをたっぷりと振って、めしあがれ。

おかゆ以外も!スープジャーのレシピ3選

1.白菜と春雨のスープ

保温に時間を置くことで、素材同士の味がなじみます。春雨をお使いになることで、糖質ダイエット効果も。ウインナーや魚のつみれと和風だしを使えば、さらにヘルシーに仕上がりますよ。季節のお野菜を使って、彩りよくアレンジしてみてください。

編集部のおすすめ