ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

女性にうれしい栄養がたっぷりのレバーを、おいしいおつまみに!強火でジュッと加熱すれば、とってもカンタンにレバーの臭み抜きができますよ。軽く焼き揚げしたレバーに甘辛いタレをからめれば、こたえられない味わいに!

臭み抜きはしなくてイイ!?

鉄分たっぷり、栄養満点のレバーは、食卓に取り入れたい食材のひとつ。でも、独特の臭みや食感で苦手な方も多いですよね。また、作ってみたいけど、「下処理が難しそう」「臭みが上手に抜けない」とお悩みな方もいるのではないでしょうか?

そんな方に朗報!実は、レバーは牛乳に浸したり時間をかけて臭み抜きをしなくても、強火で短時間炒めることで臭みが抜けるんです。

あとは甘辛い味つけが、レバーをより食べやすくしてくれますよ。同じく短時間加熱でおいしいにんにくの芽と炒めて、スタミナのつく一品に仕上げました。

サッと短時間で、しかもおいしく仕上がるだなんて、うれしいことづくしですね!甘辛い味はお酒の進む味ですよ。今日はビールで乾杯!

『レバーとにんにくの芽の甘辛炒め』のレシピ

分量(4人分)

鶏レバー(豚レバーで代用可) 300g
にんにくの芽 1束
玉ねぎ 1玉
塩 小さじ1/4
酒 大さじ1
片栗粉 大さじ4
サラダ油 大さじ3〜4
A 醤油 大さじ2
A みりん 大さじ2
A 砂糖 大さじ1
A 酒 大さじ1
A オイスターソース 小さじ1

作り方

①レバーは食べやすい大きさに切り、塩小さじ1/4と酒を揉み込んで5分置く
レバーは、柔らかい部分は切り分け、脂肪がついている場合は切り落としましょう。硬いハツは半分に切り、中に血合いがある場合は取り除きます。

塩と酒で揉み込んで、レバーの表面のぬめりや汚れを取りましょう。
②時間が経ったら、ザルにあけて汁気を切る。
③にんにくの芽は、食べやすい長さに切り分ける。
④玉ねぎは薄くスライスする。
⑤ビニール袋等に片栗粉、レバーを入れて衣付けをする。
⑥サラダ油を熱し、強めの中火でレバーを焼き揚げする。
レバーは短時間で加熱することで、臭みが出ずやわらかに仕上がります。火は必ず強めにし、多めの油でしっかり加熱しましょう。
⑦ひっくり返して反対側も、衣がかりっとするまで焼き揚げする。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

おつまみ

少し肌寒さを感じる季節にぴったりな、秋ナスと長ネギを使った焼きマリネをご紹介!あらかじめ加熱してからマリネにすることで、とろんと甘くやわらかい食感が楽しめます。お酢を使って保存性が高くなっているので、常備菜に…

おつまみ スープ

肌寒い季節に食べたい、ほっと温まるワンタンスープはいかが?タネをこねることなく、手軽にワンタンが作れちゃうんです♩スープの具材はおろし玉ねぎを使うと、甘くてとろける食感に。食べごたえバツグンで、ビールや日本酒…

缶詰 さんま フレンチ おつまみ

今回は、洋風おつまみ「さんまのあん肝巻き」をご紹介します。秋が旬のさんまは、塩焼きや蒲焼きなどの和食に偏りがち。たまには洋風にアレンジしてみませんか?フォアグラの代わりにあん肝の缶詰を使って、食べてびっくりな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カクテル レシピ まとめ

お酒は好き!でもカロリーがどうしても気になる・・・という女性の皆さんに向けて、嬉しい低カロリーのカクテルをレシピ付きでご紹介します。しかも全て100kcal以下、作り方も簡単!これなら安心してカクテルを楽しめ…

レシピ まとめ

アスパラガスにはとても美味しい調理方法があります。栄養もありローカロリーで癖もないので、どんどん取り入れて、ヘルシーな食生活を送りましょう。ここではアスパラガスを使ったレシピ10選を紹介します。

スイーツ レシピ お菓子 まとめ

今回は「ロースイーツ」の簡単レシピをご紹介します。小麦粉や砂糖を一切使用していないので、低カロリーでからだにやさしいスイーツとして注目されているんですよ!ダイエット中の方はもちろん、健康志向の方は特におすすめ…

レシピ まとめ

餃子の皮=餃子を包むものという認識でいましたが、これが意外にも他の料理にも参加できてしまうらしいんです。餃子の皮があまって困ったことはありませんか?このレシピを使ってあまった皮も上手に料理に使っちゃいましょう!

マヨネーズ レシピ まとめ

今、オイスターソースとマヨネーズを合わせた「オイマヨソース」が大人気なんです。2つの調味料を合わせることで、どんな料理にでも合う万能ソースに変身しちゃいます♪今回は、そんなオイマヨを使った人気レシピを紹介しま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る