ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

ケークサレをご存じですか?フランスの料理で、サレ=ソルト(塩)と名前に入っている通り、しょっぱいケーキなんです!スイーツのような可愛らしい外見ですが、食べるとワインにぴったりな味。簡単レシピなのでぜひ作ってみて!

ケークサレはワインにも紅茶にも合う!

フランスの軽食、ケーク・サレはご存じですか?

フランス語で「塩味のケーキ」という意味のケーク・サレは、おかずのような、その名の通りしょっぱいケーキ。

見た目はスポンジケーキのようですが、粉チーズややっぷりの野菜を入れて焼いた手頃な軽食で、おつまみに最適なんです。

焼き菓子の要領で作るので、冷めてもおいしく、持ち寄りにもピッタリ。ちょっと多めに作って作り置きするにもオススメです。

何も知らずに食べるとびっくりするかもしれませんが、一度作ってみる価値あり。
たっぷりの具に程よい塩気が、ワインにもビールにも、紅茶にも合う大人向けの一品です。

ワインに合う『ケーク・サレ』の作り方

分量(20✕8✕6cmのパウンド型1つ分/マドレーヌ型15個分)

【生地】
薄力粉 120g
粉チーズ 40g
ベーキングパウダー 5g
卵 2個
牛乳 60cc
オリーブオイル 50cc
塩 小さじ1/2
ブラックペッパー 少々

【フィリング】
パプリカ(赤) 1/2個
ズッキーニ 小1/2本
ブロッコリー 1/2房
ハム(ベーコンで代用可) 3〜4枚

作り方

下準備:オーブンは180℃に予熱しておく。
①薄力粉と粉チーズ、ベーキングパウダーをボウルに合わせ、泡立て器で混ぜる。
泡立て器で混ぜることでダマがなく、粉が均一に混ざりふんわり仕上がります。
泡立て器の代わりに、ふるいにかけても良いです。
②ハムと野菜は一口大にカットし、野菜はラップをして電子レンジ600Wで2分ほど加熱する。
あらかじめ電子レンジで加熱することで、柔らかく甘みのある仕上がりになります。
③ボウルに卵を入れ、白っぽくもったりするまで泡立て器で混ぜる。
スポンジケーキ作りと同じ要領です。
ハンドミキサーではなく手動の泡立て器の場合は、湯煎にかけて温めながら混ぜると早く仕上がります。
④白っぽくもったりとしたら、牛乳とオリーブオイルを加え、軽く混ぜる。
⑤ボウルに混ぜた粉類を加え、ゴムベラ等でさっくりと切るように混ぜ合わせる。
⑥塩、ブラックペッパー、フィリング(野菜とハム)を加えてヘラでさっくりと混ぜ合わせる。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

おつまみ

少し肌寒さを感じる季節にぴったりな、秋ナスと長ネギを使った焼きマリネをご紹介!あらかじめ加熱してからマリネにすることで、とろんと甘くやわらかい食感が楽しめます。お酢を使って保存性が高くなっているので、常備菜に…

おつまみ スープ

肌寒い季節に食べたい、ほっと温まるワンタンスープはいかが?タネをこねることなく、手軽にワンタンが作れちゃうんです♩スープの具材はおろし玉ねぎを使うと、甘くてとろける食感に。食べごたえバツグンで、ビールや日本酒…

缶詰 さんま フレンチ おつまみ

今回は、洋風おつまみ「さんまのあん肝巻き」をご紹介します。秋が旬のさんまは、塩焼きや蒲焼きなどの和食に偏りがち。たまには洋風にアレンジしてみませんか?フォアグラの代わりにあん肝の缶詰を使って、食べてびっくりな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カクテル レシピ まとめ

お酒は好き!でもカロリーがどうしても気になる・・・という女性の皆さんに向けて、嬉しい低カロリーのカクテルをレシピ付きでご紹介します。しかも全て100kcal以下、作り方も簡単!これなら安心してカクテルを楽しめ…

おから スイーツ レシピ まとめ お菓子

おからを使うレシピといえば「卯の花和え」などが浮かびますよね。でも、おからはスイーツに使っても凄く美味しく仕上がるんです。どんなレシピに使えるのか気になりますよね1?見た目も味も◎なおからスイーツをご紹介しま…

レシピ まとめ

アサリは皆さんご存知の食材だと思いますが、実は全国的に食べられるようになったのは1960年代ごろからだそうです。昔から日本人に愛されている食べ物だと思っていましたがちょっと意外ですね。

まとめ

就寝前にお腹が減って眠れない!という時は度々あると思います。ですが、カロリーのことなどが気になって食べることをためらわれてしまうことってないですか?この記事ではそんな時に「心苦しくならない」身体に優しいお夜食…

塩麹 甘酒 レシピ まとめ

今なにかと話題の酵素が豊富で旨みもたっぷりの麹。日本伝統の調味料のもとでもある麹は、体にいいとわかっていても実際どう使っていいかよくわからないという人も多いのでは?そんな麹を使った簡単レシピをご紹介いたします!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る