甜麺醤の代用はコチュジャン?代用品でも麻婆豆腐はおいしく作れる!

中華料理を作る際に欠かせない調味料のひとつ、甜麺醤。ですが、自宅の冷蔵庫に常備しているという方は少ないのではないでしょうか。今回は、甜麺醤がない際に他の物で代用する方法やその他の醤、おすすめレシピについてご紹介します。

2017年11月24日 更新

甜麺醤がない!

自宅で麻婆豆腐を作る際に欠かすことができない調味料のひとつ、甜麺醤。なくても料理としてはある程度形にはなりますが、やはり風味が違いますよね。

でも、甜麺醤を買い忘れて家にない。あるいは、それほど頻繁に使うものでもないため、買っても余ってしまうから買いたくないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、醤油や塩のように毎日使うものではないため、常備していても冷蔵庫の片隅で忘れ去られてしまう可能性もあります。

しかし、甜麺醤は味の決め手になるため、特に中華料理を作る際は必要な調味料のひとつです。こんな時、みなさんはどうしていますか?今回は、甜麺醤がない時に自宅にあるもので作れる代用甜麺醤やおすすめレシピなど、甜麺醤の役立つ情報をご紹介します。

そもそも甜麺醤とは?

そもそも甜麺醤とはどのようなものなのでしょうか。

甜麺醤とは、中華料理に使われる味噌の調味料です。北京ダックを食べる時につける、あの黒っぽい味噌がそうです。別名「中華甘味噌」とも呼ばれ、独特のコクと甘みが特徴です。もともとは小麦粉と塩を混ぜ、特殊な麹を加えて作られたものでしたが、最近では大豆を発酵させて作られていることが多いようです。

そのまま肉や野菜につけて食べられることも多いですが、加熱すると香りが増すので回鍋肉や麻婆豆腐などの炒め料理の調味料としてもよく使われています。中華料理には欠かせない調味料の一つですね。

甜麺醤を他の材料で代用してみよう

では、自宅に甜麺醤がない場合に、他の材料で代用できる代用レシピをご紹介しましょう。知っていると便利ですよ。

赤味噌で代用

日本で作られ、販売されている甜麺醤は、赤味噌をベースに作られているものが多いので、赤味噌で代用することは理にかなっているようです。

鍋に、水、赤味噌、酒、砂糖、醤油を入れ、トロッとなる程度まで弱火で約20分程度煮ます。最後にごま油を入れて、よくかき混ぜたら完成です。
また、もっと簡単に作りたい場合は、赤味噌小さじ2+醤油小さじ1/2+砂糖小さじ1/2を混ぜ合わせれば、大さじ1の甜麺醤として代用できるようです。こちらは簡単に少量使いたい時に便利ですね。

八丁味噌で代用

ちなみに八丁味噌は赤味噌の一種で、日本の味噌の中で最も甜麺醤に似ていると言われています。甜麺醤の方が、八丁味噌よりも甘く、色がさらに濃い為に甘味を足して代用します。

小鍋に、八丁味噌、酒、砂糖、醤油、水を全て混ぜ合わせ、弱火で煮詰めたら完成です。

いつもの味噌で代用

自宅でいつも使っている味噌でも代用ができます。色は甜麺醤のような黒っぽい色になりませんが、材料を買い足す必要がないというのがいいですね。
調味料を全てフライパンに入れ、弱火で練ります。5~6分ほど練るとツノがたつようになります。 火を止め、ごま油を入れて完成です。
さらに、簡単に代用したい場合は、味噌小さじ2+砂糖小さじ1でできるようです。これなら気軽に試せますね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう