連載

臭みゼロ!昔ながらの和風パスタ『基本のたらこスパゲティ』レシピ

和風パスタの王道といえば、たらこスパゲティ!作り方の基本をおさらいして、クリーミィなたらこソースをお楽しみください。お酒で洗うことで、たらこの臭みも全く気になりません。飲んだ〆にもピッタリなので、ぜひ試してみてはいかがですか?

2017年1月24日 更新

基本のたらこスパゲティをマスター!

数ある和風スパゲティの中でも、ポピュラーなたらこスパゲティ。

独特の塩気がお酒と相性が良く、白ワインと共に食べたり、飲んだあとの〆にちょっと食べるとたまりません!

紫蘇や海苔をまぶして、魚介の旨味を気軽に楽しめるパスタ。洋風のパスタとはまた違うおいしさで、たらこの塩気とクリーミィなソースにパスタを絡めると、止まらなくなりますね。

ただ、しっかり下処理をしないとたらこの生臭みが気になってしまいますね。たらこに火を入れすぎてもおいしくないし、簡単そうでちょっとコツがいるのがたらこスパゲティ。

でも、そんなに難しいことはありません。下処理も本当に簡単!ぱぱっと素早く作るのがおいしさのポイントです。

基本をおさらいして、おいしいたらこスパゲティを楽しみましょう。

『基本のたらこスパゲティ』の作り方

分量(2人分)

たらこ 1腹(2本)・30g程
酒 大さじ1
A 生クリーム 大さじ4
A マヨネーズ 大さじ2
A 醤油 3〜4滴
刻み海苔 少々
青紫蘇 4枚

作り方

・たらこソースを作る前に、パスタを茹で始める。
①フライパンにたらこを薄皮から出して入れ、酒でたらこを混ぜ洗う
酒で洗うことで、たらこの生臭さがぬけます。たらこに火が入り固くなってしまうので、ここでは火をつけないこと。
②フライパンにAを加えて、よく混ぜる。
マヨネーズは最初は分離しますが、混ぜているうちに全体に馴染みます。
③フライパンを中火に熱し、ふつふつと沸騰してきたらすぐに火を止め、茹でたパスタをからめる
必ず沸騰させて、アルコールを飛ばしましょう。火にかけることでソースの味にまとまりが生まれます。

火にかけすぎると、たらこがパサパサになってしまうので、沸騰したらすぐに火を止めること。

たっぷりの薬味をのせて、できあがり!

細切りにした紫蘇と海苔をたっぷり乗せて、召し上がれ。行程も少なく、とっても簡単。あっという間に、クリーミィなたらこスパゲティが楽しめます!

おいしいたらこスパゲティを作る為には、火を入れるタイミングと、火を止めるタイミングの見極めが必須。ちょっとのコツで、生臭くなく、濃厚な味が堪能できますよ。

お好みで、同じ要領で明太子で作ってもおいしいです。
唐辛子をまぶして簡単明太子スパゲティにしてもいけますよ。

よく冷えた辛口の白ワインと合わせてどうぞ!

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

前田未希

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう