ししゃものおいしい焼き方!フライパン・グリル・トースターなんでもいける!

ししゃもを焼くとき、どのようにして焼いていますか?ほとんどの方がグリルで焼いているかと思いますが、実はフライパンでもおいしく焼くことができるのです。今回は、その焼き方をお教えします。アレンジレシピも紹介するので、チェックしてみてくださいね。

2018年12月4日 更新

用意するもの

ししゃも アルミホイル クッキングシート

焼き方

1. トースターの角皿にクッキングシートを敷きます。角皿がない場合は、網の上にアルミホイルを敷き、その上に、クッキングシートを敷きましょう。 2. その上にししゃもを並べます。ししゃも同士がくっつかないようにしましょう。 3. 両面パリッとなるまで焼けば完成です。焼き時間の目安は、生ししゃもは15分です。冷凍ししゃもは水分を含むため、生ししゃもより長めに焼きましょう。

ポイント

アルミホイルは、身がくっつき崩れる可能性があるので、おすすめはしません。どうしても使用する場合は、ししゃもの両面にお酒をまぶし、5分くらい放置してから、焼くようにしましょう。
▼グリルのお手入れはこちら

グリルを使った、ししゃもの焼き方

用意するもの

キッチンペーパー 水 サラダ油

焼き方

1. キッチンペーパーなどを使い網に薄くサラダ油をひきます。 2. 受け皿に水を入れ、グリルに火をつけ温めておきます。 3. グリルが温まったら中火にして、ししゃもを並べます。 4. 片面焼けたら返して両面焼けば完成です。焼き時間の目安は、10本程度であれば焼き時15分ほどです。

ポイント

卵持ちのししゃもの場合、強火で焼くと皮は縮み、卵は急激に膨張し、破裂する可能性があるため、弱火から中火でじっくり焼きましょう。
▼グリルのお手入れはこちら
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS