下ごしらえ

・鶏もも肉は、余分な脂と皮を取り除きます。 ・パプリカ、ピーマンは1cm角に、玉ねぎはみじん切りにします。 ・ウインナーは斜め薄切りにしておきます。 ・米は洗って30分ほど水につけ、ザルに上げて水気を切ります。

作り方

Photo by macaroni

1. ボウルに鶏もも肉を入れて、塩、こしょう、チリパウダーをまぶしてよくもみ込み、10分ほど寝かせます。

Photo by macaroni

2. フライパンにサラダ油を引いて熱し、鶏もも肉を皮目から焼きます。焼き色をつけて裏返し、中火で30秒ほど焼きます。

Photo by macaroni

3. 炊飯器の内釜に米とウインナー、パプリカ、ピーマン、玉ねぎ、焼いた鶏肉、にんにく、残りの調味料、水を2合目まで注ぎ入れ普通炊きで炊飯します。

Photo by macaroni

4. 炊き上がったら鶏肉を取り出して1.5cm幅に切り、ごはんを底からかき混ぜます。

Photo by macaroni

5. お皿にごはんを盛り、鶏肉をのせて完成です!お好みで目玉焼きとパセリを散らして召し上がれ!

ポイント

鶏もも肉は焼いたあとに炊飯器で炊くので、中まで火は通さずに焼き色をつけるだけで大丈夫です!スパイスをお持ちの人は、クミンやタイムなどを追加すると、さらにおいしくできあがりますよ。
【レシピ提供 macaroni】

ジャンバラヤの人気レシピ7選

1. 圧力鍋で作る「チキンライス風ジャンバラヤ」

圧力鍋で作るチキンライス風のジャンバラヤをご紹介します。圧力鍋は、素早く具材をやわらかくしてくれるので、手羽元などは大きくカットしてOKです!食べ応えも見栄えもとてもいいので、パーティー料理としておすすめ。たくさん食べたい男性にも好評です。

2. レンジで作れる!「簡単ジャンバラヤ」

レンジを使ってジャンバラヤを作るお手軽レシピ!具材と調味料を耐熱ボウルに入れラップをし、あとはレンジで加熱するだけ。簡単にできてしまうので、ひとりランチや時間のないときにもおすすめですよ!

3. 辛いものが苦手な人へ「スパイスなしジャンバラヤ」

ジャンバラヤはスパイスを使ってピリ辛に仕上げるのが特徴ですよね。ただ、辛いものが苦手な場合や、そもそもスパイスを常備していない家庭向けに、スパイスを使わないレシピをご紹介します。こちらのレシピならお家にあるケチャップなどでできるので、子どもも安心して食べられますよ。

編集部のおすすめ