肉汁溢れる「焼き小籠包」レシピ!中華街に行かずともお家で再現♩

点心の定番、人気の小籠包を餃子の皮で作ってみました。表面をカリッと焼いて香ばしい焼き小籠包に仕上げます。ひと口かじれば熱々のスープが溢れ出す本格派!もっちりとした食感とスープの旨味、しょうがやニンニクが効いたレシピを動画で紹介します。

手軽におうちでハオチー小籠包♩

人気点心メニューのひとつ、小籠包。生地をお箸で割って、溢れてきたスープをレンゲで飲みながら食べるのも醍醐味です。中華料理屋さんの生地がつるつるとした舌触りのおいしい小籠包は、さすがにおうちで作るのはちょっと難しそうって、思っていませんか?
餃子の皮を使えば、ご自宅でも手軽に小籠包の味がたのしめますよ。今回は、さらに表面に香ばしい焼き色をつけて焼き小籠包を作ってみました。でき上がった焼き小籠包からは熱々のおいしいスープが飛び出し、寒い日にぜひおすすめな本格風です。これからの季節にぴったりのレシピをぜひ参考にしてみてくださいね。

「餃子の皮で焼き小籠包」の材料

(30~40個分)
餃子の皮 大判:30~40枚
豚ひき肉:250g
長ネギ:1/2本(みじん切り)
しいたけ:小2個(みじん切り)
しょうがすりおろし:小さじ1/2(チューブでも可)
ニンニクすりおろし:小さじ1/3(チューブでも可)
サラダ油:適量 (フライパンにひく用)
水:50ml (小籠包の量によって調整)
仕上げのごま油:大さじ1/2前後(お好み)
調味料
塩:少々
こしょう:少々
しょうゆ:大さじ1/2
酒:大さじ1
オイスターソース:小さじ1
ごま油:小さじ1
スープのゼリー
水:200cc
鶏がらスープの素:大さじ1
ゼラチン:5g

タレの材料

しょうゆ:大さじ1
酢:大さじ3
しょうが千切り:適量

「餃子の皮で焼き小籠包」のレシピ

1 スープのゼリーを作ります

スープのゼリーを作るため、まず小鍋にお湯を沸かします。
鶏がらスープの素大さじ1杯を加えます。
煮立ったら火を止めて、ゼラチン5gを加えます。
※スープが沸騰した状態でゼラチンを加えると、温度が高すぎて固まらないので注意してください。
ゼラチンを鶏ガラスープによく溶かします。

特集

SPECIAL CONTENTS