ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

痛風鍋とはどんな料理なの?

痛風鍋とはおもに、魚介をメイン具材にした海鮮鍋のことです。海鮮といっても魚の身ではなく、たらの白子やあん肝、牡蠣や魚卵など、魚介の内臓系ばかりが入っています。味付けは味噌や醤油味など、お店によってさまざま。

また内臓系だけでなく、あんこうやたらの身、海老などを加えるところもあります。さらに豚や鶏肉と組み合わせた痛風鍋も、若い人を中心に人気。食材が獲れる時期から、冬限定としているお店が多いようです。

なぜ「痛風鍋」と呼ばれているのか

痛風患者は、医師からプリン体の多い食べ物を控えるよう指示されます。旨味成分であるプリン体が、体内で尿酸に変化するためです。白子やレバー、牡蠣は、プリン体の多い食品として有名。そこで宮城の発祥店が、「おいしいけど痛風になるよ」という揶揄をこめて、つけたメニュー名なんです。

発祥は宮城「地酒と宮城のうまいもん処 斎太郎」

勾当台公園駅の南出口1番から西へ徒歩2分ほど、稲荷小路に面したビル3階にあるお店です。東北随一といわれる繁華街、国分町の一角に位置する居酒屋。昔ながらの雰囲気漂う店内に、カウンターとテーブル席、座敷席が70席ほどあります。

SNSで1万回以上リツイートされた!痛風鍋

3,000円(冬季限定)
常連客からの要望で作った鍋で、痛風鍋の名をつけてSNSに投稿したところ、1万回以上リツイートされました。あん肝と牡蠣、たらの白子が盛りつけられたインパクトある見た目。柚子を効かせた醤油風味がおいしい、本家本元の元祖痛風鍋です。
店舗情報

東京・名古屋・大阪で痛風鍋が食べられるお店3選

1.【東京】牡蠣×海老 かいり 渋谷店

京王渋谷駅西口から南へ徒歩すぐ、セルリアンタワー通り沿いにあります。テナントビル2階のお店で、エントランス上にある水色の看板が目印。木目を基調とした落ち着いた雰囲気の店内に、カウンターとテーブル席が23席ある居酒屋です。

あん肝入りの濃厚な味噌スープで煮る。痛風鍋

3,278円(税込)
牡蠣と海老が自慢のお店で、ボリューム満点な痛風鍋もおいしいと評判です。牡蠣やあん肝、海老、いかなどを、あん肝を混ぜた濃厚な味噌スープで煮込む贅沢な内容。鶏白湯と貝のWスープと、Wチーズを加えた痛風鍋の白も人気がありますよ。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ