寒い時期のごちそう!東京で絶品「ぶりしゃぶ」が食べられるお店10選

肌寒くなり始める季節に恋しくなるのが、秋冬のグルメたち。その中でも寒い時期にしかいただけないものは、特に食べたくなりますよね。今回は、そんな秋冬グルメの中でも代表格の、絶品「ぶりしゃぶ」がいただける都内のお店を10選ご紹介します。

2018年8月21日 更新

寒ぶりが美味しくなる季節

衣替えも終わり、季節はすっかり秋になりました。「食欲の秋」とはよく言ったもので、秋冬の季節にはおいしいものがたくさんありますよね。今回は寒くなり始めるころから旬が訪れる「寒ぶり」のお店をご紹介します。

そもそも、ぶりしゃぶとは?

ぶりしゃぶの発祥の地は、実は富山県にある「磯波風(いそっぷ)」という民宿だと言われています。富山湾の氷見でとれる脂ののったぶりは、11月下旬〜2月上旬が旬。その身を薄く削ぎ、昆布ダシにサッとくぐらせてからポン酢でいただきます。

気になるお味はというと、「ぶりなのに脂っこくなく、さっぱり食べられる」とヤミツキになる方も少なくないほどだとか。一度昆布ダシにくぐらせることで脂が適度に抜け、旨味が引き立つひと品となっています。旬のお野菜と合わせて頂くのもおすすめですよ。

東京都内でおいしいぶりしゃぶが食べられるお店

それではここからお待ちかねの、東京都内でおいしいぶりしゃぶをいただけるお店を10選ご紹介します。

みんなで賑やかに、リーズナブルなぶりしゃぶがいただけるお店や、ゆったりと贅沢な時間をも味わえるお店まで、さまざまなお店が登場しますよ。寒い季節にだけ味わえるリッチなグルメをぜひ堪能してみてくださいね。それでは早速、どんなお店があるのかを見てみましょう。

1.WA-DINNER き

まずご紹介するのは、新宿駅西口から徒歩1分という、アクセス抜群の場所にある「ワダイナー・キ(WA-DINNER き)」です。お料理のおいしさはもちろんのこと、居心地の良さにも定評があるこちらのお店。サラリーマンや女性のリピーターもとても多いそうですよ。

鰤しゃぶ鍋

2,000円

冬季限定の「鰤しゃぶ鍋」は、生でも美味しいぶりを、出汁で軽く火を通してからお野菜と一緒にいただくひと品です。照明をほんのり落とした空間でいただくぶりしゃぶは、どことなく大人の味わいですよ。ほくほくぷりぷりとした口当たりに、お箸が止まらなくなりそう。

店舗情報

■店舗名:WA-DINNER き
■最寄駅:新宿駅
■住所:東京都新宿区西新宿7-9-17 第一伊藤ビル B1F
■電話番号:03-3360-3701
■営業時間:月~木 16:00~24:00/金 16:00~4:00/土日祝 13:00~24:00
■定休日:お盆、年末年始、不定休
■公式HP:http://wa-dinnerき新宿西口.com

2.木ノ下

「木ノ下」は、外苑前駅から徒歩5分ほどのところにある和食のお店です。三浦半島直送の新鮮な海の幸を、四季を通じていただくことができますよ。店内は広々としたカウンターにと、ゆったり落ち着いたフロアスペース、そして個室もあるので、いろいろなシーンで利用したいですね。

寒ブリしゃぶしゃぶコース

5,940円

しっかりとした厚みを残して切られているぶりは、少し長めにダシに通すのがポイントです。そうすることで中まで温かいぶりしゃぶをいただくことができますよ。お出汁で温まったぶりと旬のお野菜を、大根おろしをたっぷりと入れたポン酢につけてから堪能しましょう。

店舗情報

■店舗名:木ノ下
■最寄駅:外苑前駅
■住所:東京都港区南青山4-1-1 セントラル第2青山 1F
■電話番号:03-5772-7215
■営業時間:月~金 18:00~翌4:00/土祝 18:00~24:00
■定休日:日曜(ただし三連休の場合は最終日が休日)
■公式HP:http://www.510.ne.jp/kinoshita/

3.銀座さかなさま

特集

SPECIAL CONTENTS