簡単おしゃれ♪ おいしい「タラモサラダ」で食卓を華やかに!

大人も子どもも喜んで食べてくれる、淡いピンク色をしたタラモサラダ!おしゃれなのに時短・簡単に作ることができておかずやおつまみ、おもてなしにもぴったりなんです。この記事ではタラモサラダの基本レシピをご紹介。気になる保存日数や保存方法、アレンジレシピも要チェックですよ。

2019年6月12日 更新

タラモサラダの「タラモ」とは?

タラモサラダとは、ギリシャやトルコが発祥の料理のこと。日本ではタラコとじゃがいもを合わせたサラダを指しますが、本場では魚卵とニンニクを、パンまたはじゃがいもに練り合わせたものなのだそう。

日本では、手に入りやすいタラコで作られていますが、地中海地方では塩漬のコイやボラの卵が使用されているんです!

正式名称は「タラモサラ"タ"」!

実はこの料理、本場では「タラモサラタ」という名前なんです!「タラモ」とは「魚卵」の意味。「サラタ」は「サラダ」に近い意味でギリシャやトルコでは、パンやクラッカーにつけて食べられることが多いそうですよ。

「タラモサラダ」の基本レシピ

材料

・じゃがいも …… 2個
・タラコ …… 1腹(大さじ2)
・マヨネーズ …… 小さじ2

作り方

1. タラコの皮に切れ目を入れて、スプーンで中身を出しておきます。

2. じゃがいもは皮をむき、ひと口サイズにカットします。

3. カットしたじゃがいもを水洗いして、濡れたままラップをかけ、600Wの電子レンジで約2~3分加熱します。

4. じゃがいもを熱いうちにフォークの背などでつぶし、タラコとマヨネーズを混ぜ合わせればできあがりです。

ポイント

タラコの中身を出したときに、レモンのしぼり汁を小さじ1杯ほど和えておくと、タラコ特有の臭みが消えます。また、タラコとマヨネーズは、じゃがいもの粗熱が取れてから混ぜ合わせましょう。じゃがいもが熱いうちにバターを少し加えると、コクがアップしますよ!
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう