ローディング中

Loading...

強いお酒だからといって敬遠するのはもったいない!ブランデーの本当の魅力、その一端でも知ってしまったら、もうほかのお酒は飲めなくなってしまうかも……。今回は、それを知るための方法として、ブランデーをより深く楽しむための飲み方をご紹介!

ブランデーの飲み方はいくつあるのか

ワインにも日本酒にもさまざまな飲み方があるように、そのまま飲むばかりがお酒ではありません。高級酒の代表格であるブランデーだって同じ。その芳醇な香りを楽しむ方法は本当にたくさんあるんですよ。

この記事では、そんなブランデーの魅力を満喫するためのおすすめの飲み方をまとめてみました。ブランデーを飲む機会に恵まれた時に、ぜひご活用ください♩

そもそもブランデーって?

アルコールの中でも格調が高く、長い歴史を感じさせるのがブランデー。そのはじまりは13世紀のスペインで、医者のアルノードビルヌーブが気つけ薬として使用していたといわれています。本格的に生産がスタートしたのは15世紀のフランスで、日本へは19世紀末頃ごろに伝わってきたんだとか。

産地や製造法、原材料によってブランドが厳しく分けられていて、たとえばコニャックはユニブランという品種のぶどうを使用し、単式蒸留機による2度の蒸留が行われることで完成します。ちなみにランクは6段階あり、厳しい審査によって決められているそうですよ。

最近ではカクテルのベースやお菓子の材料に使われることも多く、女性を中心に人気を集めてきていますね。今回ご紹介するのはそんなブランデーの飲み方。実は、グラス選びひとつでも風味が変わってくるとのこと。

ブランデーの飲み方はストレートが基本

ブランデーの味わいと風味を最も深く感じ取られるのがストレートです。ブランデーのアルコール度数は40度。慌てて飲まず、ぜひじっくりと時間をかけてゆっくり楽しんで。特に、お酒に強くない人、ブランデー初心者はちびちびと飲むか、横にしっかりチェイサーを用意するようにしましょう。

おいしく飲むには30分程度で飲み終わる量で

ブランデーはその風味だけでなく、飲んでいる時間そのものを優雅に楽しむもの。ブランデーを飲む際はぜひ、30分かけて飲むようにしてください。これは多くの洋酒通が実践している飲み方です。

たとえばバーでブランデーを注文したなら、最初の20分はグラスを傾けながら自分を見つめなおし、残りの10分は何も考えずにただ味わう……なんて飲み方をすると、いろいろな意味で味わい深い時間を過ごせると思います。

おいしく飲める適温は?

一言でブランデーといってもさまざまな種類がありますが、主流である「コニャック」を飲むときは、ぜひ温度を意識してください。

コニャックをおいしく飲むための適温は18~20℃といわれています。

コニャックは室温13~17℃、湿度70~90%の環境で熟成されるのが一般的。そのため、熟成時よりも少し高い温度で飲むことで最も香りが際立つようになるのです。

香りを楽しむにはグラスにも注意

ブランデーの大きな魅力である香りを楽しもうと思うなら、グラスにもこだわる必要があります。

日本では脚が短いグラスを用いて、手でグラスの温度を高くして香りを立たせつつ飲むスタイルがメインとなっていますが、これは日本で流行した独自のスタイルが主流となっていますが、これは日本独自のもの。ヨーロッパのブランデーメーカーやグラッパメーカーは、脚が長く、先端がチューリップのようになっているグラスを推奨しています。

ブランデーのアルコールは40%以上ととても高いので、掌の温度がなくても空気中に漂わせるだけで十分香りが立つからです。

ブランデーのチェイサーって水?

ブランデーのチェイサーには、水または炭酸水がおすすめです。その他には、ジンジャーエールやビールをチェイサーとして飲まれる方もいます。一通り試してみてはいかがでしょうか。

初心者必見!ブランデーの飲み方

オンザロック

ブランデーは香りと味を楽しむお酒です。香りと味をシンプルに楽しめるオンザロックは、そんなブランデーに向いている飲み方だといえます。「スニフター」というグラスにロックを入れてブランデーを注ぎ、ゆっくりと液体を転がします。

まずは目で、その美しい色あいを観賞してください。回している間に手の温度が移っていき、ブランデー本来の深い香りが鼻腔をくすぐります。鼻で楽しんだら、次は口に含んでまろやかな味わいを感じ取ってみてください。

水割り

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【朗報】レストランで頼めば2万円近くする高級ワインが、サイゼではなんと驚異の7000円!?知る人ぞ知るサイゼのワイン通!

実はサイゼリヤは、ワイン好きにはたまらない美味しいワインをリーズナブルに食することができるお店。 店舗によっては常時50種ものワインを揃え、他のレストランの通常価格の半額以上低価格で提供しているとのこと。その…

採れたてフルーツの新鮮な味!「アラン・ミリア」のジュース&ネクターが大好評☆

「ジュースやネクターを通して、採れたてフルーツを味わう悦びを再発見してほしい」。フランス・リヨン郊外で果樹園を営む家に生まれ育ったアラン・ミリア氏がつくるジュース&ネクターに、フランスが誇る美食のひとつとして…

1瓶5,000円!濃密な時を味わえる幻のラグジュアリーヨーグルト「クレマドール」

北海道ノースプレインファームの「オホーツクおこっぺ牛乳」と、厳選された蜂蜜・お砂糖の3つの材料だけで作るヨーグルト。それがクレマドールジャパンの「クレマドール」です。1日たった30~50個の限定販売!そして1…

世界で2番目に消費されている蒸留酒! ブラジル原産「カシャッサ」がじわじわキテる!!

サトウキビを原料として作られる、ブラジル原産の蒸留酒「カシャッサ」。日本人にはあまりなじみのないお酒ですよね。ブラジルW杯が間近に迫った今、ブラジルで絶大な人気を誇るこのお酒が、徐々に日本でも注目を浴びてきて…

もはやワインなの!? ハチミツの香り&“極”がつく超甘口「貴腐ワイン」の魅力とは?

独特な酸味や渋みが苦手な人も多いワイン。一方、値段と品質が単純に比例しない奥深さをもつなど、その世界にハマる人も多いですよね。実は、甘口・辛口などで区分されるワインの味わいの概念を覆すようなワインが存在するん…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【節約】つい無駄にしてしまう薬味野菜の保存方法まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

ペットボトルの底はペタロイド?意外と知らない「食」にまつわる正式名称まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

美味しいランチや誕生日祝いに!東京おしゃれカフェ24選

東京にはおしゃれなカフェがいっぱい!今回は雑誌の撮影などで使われるお店を中心に、SNS映えする店内やフォトジェニックでおいしい料理が食べられるカフェを厳選しました。これで行きたいお店が見つかるはずです!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

表参道を賑わす新グルメ!「シティーショップヌードル」のカスタム麺に注目♩

表参道は、おしゃれな雑貨屋さんやコンセプトカフェが立ち並ぶスタイリッシュな街ですよね。今回ご紹介するのは、表参道駅から徒歩5分の「シティショップヌードル」。おしゃれ女子なら必見の、ヘルシーデリが楽しめるお店な…

香りうずまく2重奏!「パルムリッチアロマコーヒー」の味は溶けるほど鮮やかに

なめらかな食感が好評のパルムに、コロンビア産高級豆を使用した「パルムリッチアロマコーヒー」が期間限定で仲間入り。「名前どおりの贅沢な香りを楽しめる!」と早くも話題のこの春アイス、味と香りを確かめるため、さっそ…

究極の専門店誕生!自由が丘「波の」で本格いくら丼を1,000円以内で♩

スマステなどでも紹介され、注目を集めている自由が丘「波の」のいくら丼。大粒の国産いくらがてんこ盛りされていて、コスパもバツグンという評判です。ここでは、気になるお値段や口コミ、「波の」のほかの海鮮丼についても…

ページTOPに戻る