ローディング中

Loading...

マルサラ酒って聞いたことありますか?ティラミス作りに使うお酒としてご存じの方もいらっしゃるかもしれません。実は、このマルサラ酒は偶然にできたお酒なのです。今回はそんなマルサラ酒について料理やお菓子作りのレシピ、購入の仕方をご紹介します。

マルサラ酒って聞いたことありますか?

マルサラ酒って聞いたことありますか?お菓子作りに使うお酒としてご存じの方もいらっしゃるかもしれません。ワインに詳しい方もご存じでしょう。イタリアのシチリア島で古くから愛されるマルサラ酒は、実は偶然できあがったお酒なのです。

今回は、そんなマルサラ酒についてご紹介したいと思います。料理に使う場合のレシピと購入の仕方もご紹介しますよ。

マルサラ酒とは

マルサラ酒とは、イタリアのシチリア島で生産される酒精強化ワインで、別名「マルサラワイン」ともいわれます。

酒精強化ワイン(しゅせいきょうかワイン)とは、ワインにアルコール(酒精)を加えてアルコール度数を高めたワインのことです。気温が高く、温度管理が難しい地域で腐らないようにするために工夫されたワインで、船便による長期の輸送のために考えられました。

酒精強化ワインは、スペインのシェリー、ポルトガルのポートワインとマデイラワインを3大酒精強化ワイン、そしてマルサラワインを含めたものが4大酒精強化ワインと呼ばれています。

酒精強化ワインは液中のアルコール分が一定量を超えると酵母が働かなくなり、アルコール発酵による糖の分解が止まる現象を利用しています。加えるアルコールには、ワインと同じブドウを原料としたブランデーが多く用いられます。通常のワインのアルコール度数は10~14度ですが、酒精強化ワインは18度前後になります。

また、マルサラ酒は、原産ブドウの種類や栽培エリア、醸造方法など全て伝統的な手法を用いるよう定められています。

歴史、発祥

実は、マルサラ酒は偶然生まれたそうです。18世紀の大航海時代にイギリス人貿易商ジョンウッドハウスがシチリア西岸部を航海中に悪天候に見舞われ、シチリア西岸部の街「マルサラ」に避難することになりました。

このマルサラのレストランで飲んだワインが当時イギリスで流行していたポートワインやマデラワインに似ていたため、イギリスで売れるのではないかと考え、当時の数ヶ月もの月日がかかる航海でも腐らないようにとアルコールを加えたのが始まりだそうです。まさに、偶然の産物ですね。

しばらくの間、マルサラワイン市場は、イギリス人によってコントロールされていましたが、1833年にイタリア人で地元の大富豪だったヴィンチェンツォ・フローリオ氏が参入。当時から近代的な考えのもと、輸送に便利な海に近い土地に醸造所を建築したり、イタリア国内外にマルサラを紹介していき、現在では、フローリオ社がマルサラワインの最大手ワイナリーとなっています。

マルサラ酒の種類

マルサラ酒は、熟成年数の違いや甘さの違いによってさまざまなタイプに分けられます。 熟成度合によっては 、1年のものはフィーネ、2年はスペリオーレ、4年はスペリオーレ・レゼルヴァ、5年はヴェルジオ、10年はヴニルジネ・ストラヴェッキオと呼ばれています。

また、発酵のどの段階でアルコールを加えるかで甘口・辛口の違いが生まれます。基本的に、未発酵もしくは発酵途中に加えると糖分が多く残るために甘口、発酵後に加えたものは辛口となり、辛口は「セッコ」、半辛口は「セミ・セッコ」、甘口は「ドルチェ」と呼ばれます。

また、白ワインに「オーロ(金色)」と「アンブア(琥珀色)」、赤ワインに黒ブドウ種であるペッリコーネ、ネーロ・ダヴオーラ、ネレッロ・マスカレーゼを使用した「ルビーノ(ルビー色)」と、大きく3種類のワインがあります。

マルサラ酒の味は?

マルサラ酒はオーク樽という木樽で熟成させて造られるので木の香りやカラメルのブーケ、豊かなアロマを堪能できるワインに仕上がるようです。ほかにもトーストしたアーモンド、ドライフルーツ、柑橘果実、バニラ、蜂蜜、スパイス、甘草などの香りが感じられるそうですよ。

また、辛口はもちろん、甘味が強いデザートワインもあるほか、ティラミスなどのデザートの調理用として使用されることでも有名です。

そもそもマルサラとは

マルサラとはどのあたりの地域なのでしょうか。マルサラは、イタリア共和国シチリア州トラーパニ県にあり、県内最大の人口を保有する都市です。太陽の光を十分に浴びながら育ったぶどうは、ミネラル豊富で糖度が高く、シチリア島内でもっともワインの生産量が多い地域として知られています。

マルサラ酒の飲み方

食前酒(アペリティフ)または食後酒(デザートワイン)として利用されることが多いようです。食前酒は高いアルコール分による胃への刺激、食欲の増進を期待したもので、辛口のものが好まれ、食後酒としては、消化の促進とともに食後の満足感を高める甘口のものが向きます。

飲む以外に、お菓子の風味付けや料理のソースなどにも利用されていますよ。

マルサラ酒の活用レシピ3選

1. 本場のティラミス

マスカルポーネと卵黄を混ぜ、そこに卵白に砂糖を加えて作ったメレンゲを、泡を壊さないように混ぜます。マルサラとエスプレッソにサヴォイアルディ(またはビスケット)をひたし、容器の底に敷き詰め、先ほどの生地を半分程度流し込みます。 これをもう1段重ねて、カカオ粉をふるいかければできあがり!本場イタリアのティラミスが自宅で再現できるうれしいレシピです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ホームパーティーに欠かせない「キッシュ」とは?基本のレシピもおさえよう!

キッシュ タルト パイ

卵、野菜、チーズもたっぷりのキッシュですが、具体的にキッシュとはどういった料理を指すかご存じですか?タルトのようでもありますが、タルトとの違いや、パイとの違いは何なんでしょう?今回は、キッシュについての説明と…

ワイン初心者におすすめ!フルーツたっぷりサングリアレシピ28選

サングリア レシピ ワイン カクテル まとめ

サングリアは、フルーツたっぷりの華やかなワインを使ったドリンクです。王道の赤ワイン、ライトな白ワイン、ノンアルコールタイプまでとても簡単なレシピをご紹介します。アルコール度数が高く飲めないという方も、初心者の…

星型スパイス「八角」とは?味・香り・使い方まで全解説

四川料理や台湾料理の調味料、八角をご存じですか?八角は星形をした香辛料。見た目はころっとしていて固さもある八角。今回は、八角について、味や名前の由来、使い方までご紹介します。これまで食べていたアジアン料理のス…

ラムコークと違う?歴史深いカクテル「キューバリブレ」の由来やレシピを紹介

カクテル

キューバリブレというカクテルを飲んだことがありますか?さまざまなカクテルがありますが、有名なマティーニと、度数や作り方にどのような違いがあるのでしょうか?ここではキューバリブレの由来や作り方を、ご紹介していき…

二日酔いの理由がはっきり!ちゃんぽん酒の意味と飲み方

ちゃんぽん

悪酔い、二日酔いの原因として、お酒をちゃんぽんすることがよく理由としてあがります。でも、ほんと?理由はほかにもある気がする……そんなわけで今回は、ちゃんぽんと悪酔い・二日酔いの関係を詳しく調べてみました。…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パッケージがかわいい「手土産スイーツ」5選!おしゃれに着飾ろう♪

お土産 おしゃれ スイーツ まとめ

ホームパーティの手土産には味はもちろん、箱も缶もかわいいというところが重要になってきます。友達に喜んでもらえるような目を引くかわいいパッケージで、あなたも一気におしゃれさん♪クッキー、ビスケット、キャンディー…

ネットで話題になった「ねとめし」の絶品メニューまとめ

まとめ

「ねとめし」とは、ネットで話題の料理レシピのことです。2014年を振り返ると様々なものがありましたね!どれも簡単でおいしいというところが話題となった理由でしょう。皆さんも作ってみてはいかがでしょうか?

美容効果でヘルシーな「おでんの具材」7選!太ってしまうものも紹介!

おでん まとめ

おでんは冬の醍醐味!コンビニで買える手軽な料理ですよね♪そのおでんの中でもヘルシーで美容にいいおすすめのおでんの具を紹介します!さらに太ってしまう具材も紹介!ぜひおでんをチョイスするときの参考にしてみて下さい。

ハワイに行ったら絶対買いたいお土産8選

ハワイ お土産 スイーツ まとめ

海外旅行先として大人気のハワイ。観光はもちろんですがお土産選びも楽しみの一つ、でもたくさんありすぎて何を買えばいいのか迷っちゃいそう・・・。そこでハワイに行ったら絶対買うべきお土産をご紹介します♡

美味しくて健康にも最適♡ 梅を使ったドリンクとアレンジ「6」選

まとめ ドリンク レシピ

梅には多くのクエン酸が含まれているため、とっても酸っぱいですよね!でも、そんな酸っぱさがとっても健康に良いんだとか。カルシウムや鉄も豊富に含まれているんです☆今回はそんな梅を使ったドリンクとそのアレンジレシピ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アフタヌーンティーに必須「フィンガーサンドイッチ」のアレンジレシピ9選

レシピ サンドイッチ まとめ

ゆったりと楽しむアフタヌーンティーティーは、誰もが憧れる贅沢なひとときですよね。アフタヌーティーに欠かせないフィンガーサンドイッチは間食としてもぴったりサイズ。これだけつまんでも満足感が得られますよ。

表参道にひっそり佇む隠れ家ビストロ「ニドカフェ」でフランス家庭料理を味わう

表参道 ビストロ カレー

表参道の隠れ家ビストロ「ニドカフェ (Nid CAFE)」は、自家製欧風カレーが評判です。ランチからカフェ、ディナーはアラカルトが揃い、夜24時まで開いている使い勝手の良いお店です。自分の行きつけのお店のスト…

連載記事

湯せんで簡単!バター香る、とろとろスクランブルエッグの作り方

ホテル たまご

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、誰にでも実践できる卵料理のテクニックをご紹介。今回は、スクランブルエッグをまるでホテルの朝食みたいにリッチでとろとろに仕上げるコツを教えます!湯せんで作るのがポイン…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る