デビルサンドを超える⁉︎ アメリカの定番「エルビスサンド」が流行の予感

アメリカでおなじみの「エルビスサンド」は、歌手のエルビス・プレスリーが好んで食べたおふくろの味なんだとか。超簡単で朝食にもぴったりです。基本の作り方とみんなのアレンジ例、ベーコンを使ったアメリカならではの料理などご紹介します。

「エルビスサンド」って知ってる?

みなさん、サンドイッチはお好きですか?近ごろはデビルサンドのような、具材をたっぷりはさんだボリュームサンドが流行していますよね。おいしいのは間違いないけれども、やっぱりカロリーが気になる……そんな方の食欲をもっと刺激する、超ハイカロリーなサンドイッチが実はアメリカにあるんです。

その名も「エルビスサンド」。アメリカ生まれのハイカロリーなサンドイッチで、ベーコン、ピーナッツバター、バナナをサンドしたお菓子感覚でも食べられるサンドイッチなんです。さて名前の由来はどこから来ているんでしょうか?

エルビス・プレスリーが愛したサンドイッチ

「エルビス」とはアメリカのロック歌手、エルビス・プレスリーのこと。彼が愛したサンドイッチなので、この名前がつけられたんですね。彼の母親・グラディスが作った、まさにおふくろの味です。70年代にアメリカでは一躍有名になりました。甘いものと辛いものをミックスしたという、日本人からするとちょっとビックリの組み合わせなんですが、これがなかなかおいしいんだとか。
ホットサンドなので、パンはカリッと香ばしく、中のバナナとピーナッツバターが口の中で広がり、まろやかな味に浸ることができます。思ったほど甘くはなく、ほどよい甘さであっという間に食べられてしまうんだとか。

エルビスサンドの作り方

まず食パンを2枚準備し、ピーナッツバターを塗っておきます。バナナはいくつかにカットし、フライパンで、軽く焼き目がつく程度に焼きましょう。焼いたバナナは1枚のパンのピーナッツバターの上にのせ、その上からお好みでハチミツをたらします。
今度はベーコンをフライパンで焼きますが、焦がさないように注意しましょう。ベーコンもバナナの上にトッピングします。2枚のパンを合わせてサンドイッチにして、フライパンで焼いていきます。前もってパンの表面にバターやマーガリンを塗り、弱火でじっくりと焼いてくださいね。軽く焼き目がつけば完成です。あとは、食べやすい大きさにカットしてめしあがれ。

みんなのエルビスサンド6選

1. バナナはそのままでもOK!

手軽にできる朝食としても、エルビスサンドは便利です。バナナは輪切りにしてサンドし、焼かなくてもOKです。ただし完熟したもののほうがトロッとしておいしいので、熟したものをチョイスしましょう。朝からエルビスサンドでエネルギーチャージ!元気に1日のスタートを切れそうです。

2. ベーコンは別に添えて

ピーナッツバターとバナナだけサンドにして、ベーコンは別に添えてもいいでしょう。そのままでも十分おいしいですし、家族で食べる場合、ベーコンも一緒にしたい人は後からサンドしてもらう、というやり方でもいいかも。黒コショウがかかったベーコンは、ジューシーでとってもおいしそうです。

3. とっておきのピーナッツバターを使おう

具だくさんにつめた、ゴージャスなエルビスサンドはいかがですか?こちらの方はピーナッツバターでも、特に粗挽きのピーナッツ(チャンク)がごろっと入ったものを使って、よりピーナッツの香ばしさを味わえるようにしたのだとか。甘じょっぱさにハマる!とのことです。

4. ちょっと和風に!味噌ピーナッツでどうぞ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう