腕が切れてしまうイカもいる

ヤツデイカやタコイカなど成長の途中で触腕が取れてしまうイカの種類もあります。ヤツデイカは、南アジアからインド洋にかけての深い海に生息しています。世界的にも捕獲例が少なく、クジラに飲み込まれた状態だと原型をとどめていないことも多いそう。珍しいイカなのに、発見された状態が少し残酷ですね。。。
日本では兵庫県新温泉町沖でホタルイカ漁をしていた漁師によって、2008年に初めて完全な形で捕獲されました。触腕がない状態がはっきり確認できたものの、「なぜ触腕がないのか?」などヤツデイカの生態についてはまだまだ分からない部分も多いそうです。

イカとタコの違い

いろいろ調べていくと、ますます気になる「イカ」。そしてこれまで「イカとタコの違いは足の本数だ!」と思っていた方にとっては、衝撃的な事実も判明しました。ではあらためて、イカとタコの違いはどんな部分にあるのでしょうか?実は先に挙げた触腕の有無以外にも、吸盤、墨、身体の色、泳ぎ方、栄養価などいろいろな違いがあります。
例えば、イカとタコの吸盤の違いは大きさだけではありません。イカの吸盤は細長い形状のなかにお椀型のヘコミがありその内側のギザギザした部分で相手にくっつくのに対して、タコの吸盤は低い円筒型で直接相手にくっつきます。また、イカの墨は粘り気があるのに対してタコの墨はさらりとしていたり、イカの身体は興奮すると変色するのに対しタコの場合は石や岩などの保護色に変わるなど。 こちらも奥が深そうです。今回は「イカの足」がテーマなので、詳しくはまたご紹介できればと思います。

イカの足は話のネタになるかも?

私たちにとって身近な食材「イカ」。足の本数が10本ではなく、正確には8本という新事実には驚いた方も多いのではないでしょうか。次回イカを調理する際には、ぜひじっくりと眺めてみてくださいね。食材への親しみも湧いて、ますます「イカ好き」になること間違いなし!です。
▼意外と知らない?魚介類の雑学はこちらもチェック!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ