ローディング中

Loading...

毎日のお弁当作りに大活躍する卵焼き。いつもは焼いたあと、そのままカットしますが、その前のひと工夫で、とってもかわいい「お花の卵焼き」ができるって知ってましたか?ここではその作り方や、いろいろキュートなアレンジ方法をご紹介しますね。

お弁当に欠かせない卵焼き

お弁当の彩りに欠かせない、黄色くてかわいい卵焼き。中に入れる具や、味付けしだいで、いくらでもアレンジできるのが便利です。シンプルな塩味や、めんつゆを加えた和風、定番の甘い卵焼きなど、毎日食べても飽きませんよね。みなさんはいつも、どんな風に作っていますか?

斜めにスライスした厚焼き卵を並べ替えて、ハートにしたり、クローバーにしたりすれば、立派なデコアイテムに。ハムやカニかまを芯にして巻いても、カラフルできれいです。

卵焼きは、ちょっとしたひと工夫でグンと見違えるので、お弁当作りやモーニングプレートに重宝しますよね。

「お花の卵焼き」って?

数ある卵焼きの中でも、長くブームが続いているもののひとつに「お花の卵焼き」があります。お花の卵焼きは、焼きたての厚焼き卵に竹串を押しあてて、お花の形に成形したもの。金太郎アメのように、切った断面がかわいらしいお花の形になるんです。

鮮やかでインパクトのあるお花の卵焼きは、お弁当をかわいく飾り、SNS映えもするので、Instagramで大人気。小さなお子さんのお弁当から、自分弁、パパ弁まで、どんなタイプのお弁当にも、おしゃれなアクセントになってくれるんですよ。

ふつうの厚焼き卵で作ってもおしゃれですし、中にカニかまや白身魚など巻いた厚焼き卵で作れば、きれいなツートーンのお花を作ることもできます。

「お花の卵焼き」の作り方

さっそく、いつも作る厚焼き卵を使った、お花の卵焼きの作り方をご紹介しましょう!

ラップ、竹串、輪ゴムで、卵焼きを成形していきます。ラップを横長にしき、巻き始めとなる端に、巻物のような感じで厚焼き卵を縦置きに。卵を置いた反対側の端から、竹串5本を等間隔で縦に並べましょう。

竹串が厚焼き卵にくいこまないように、ラップで厚焼き卵をふた巻き以上巻いて包んでから、そのままクルクルと竹串を等間隔に巻き込んでいきます。
竹串の位置が整ったら、輪ゴムで両端をとめます。お弁当に入れる直前まで冷ましたら、ラップから取り出して、スライスしてできあがり。断面が、かわいいお花の形になりますよ。

お花の卵焼きのアレンジレシピ

1. やさしくほほえむお花の卵焼き

こちらは絵本に出てくるような、やさしい笑顔のお花の卵焼き。ゴマで目を、海苔で口を、ケチャップでほっぺを描いています。仲よく4つも並んでいるのが、愛らしいですね。一緒に入ってるソーセージも、切り方や並べ方がおしゃれ。

2. 白身魚入りお花の卵焼き

厚焼き卵を焼くとき、白身魚を芯にして巻いてもかわいいですね。黄色と白の組み合わせで、やさしい色合いになっています。となりに添えられた、赤いトマトと緑のブロッコリーが、お花の卵焼きをいっそう華やかに引き立てていてすてきです。お弁当の下に、ワックスペーパーをしくのも、おしゃれなアイデアですね。

3. おにぎらずにもお花の卵焼き

おにぎらずに、お花の卵焼きを並べても存在感があってかわいいですね。ラップの上にのせた海苔に、酢飯、大葉、お花の卵焼き、カニカマ、塩揉みきゅうり、油揚げの甘辛煮を重ねていき、包みます。

重ねるときにはお花の卵焼きを縦に置いて、カットしたとき、断面にお花が見えるようにの並べるのがポイント。

4. 黒ごまがキュートなお花の卵焼き

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

家計救済!簡単で美味しい豚肉ともやしの節約人気レシピ7選

給料日前で家計がピンチ!そんなときの救世主「豚肉ともやし」の絶品料理をまとめました。大根や卵などを使ったレシピなのでお財布に優しく、ボリュームたっぷり!お子さまから大人まで喜ぶレシピなので、おかずに迷ったらぜ…

ヘルシー「おから」を使って作るスイーツレシピ「10」選

おからを使うレシピといえば「卯の花和え」などが浮かびますよね。でも、おからはスイーツに使っても凄く美味しく仕上がるんです。どんなレシピに使えるのか気になりますよね!?見た目も味も◎なおからスイーツをご紹介しま…

ひと手間でおしゃれに変身!「ゆで卵」のアレンジレシピ7選

誰でも手軽に作ることができる「ゆで卵」、ちょっとしたひと手間をかけるだけでとってもおいしく可愛く変身しちゃうんです!朝食やお弁当にはもちろん、パーティーメニューの前菜にも使えちゃう素敵な「ゆで卵」のアレンジレ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

まるでカニ♡ イケアで期間限定の「ザリガニプレート」を食べてきた♩

全国のイケアで7月30日〜8月9日までスウェーデンのザリガニウィークにちなんだ「ザリガニプレート」が登場します!今回は、ザリガニパーティーの文化を気軽に楽しめる特別メニューを実際に食べてきました♡

体に優しいべジスイーツ専門店♪中目黒「パティスリーポタジエ」にGO!

野菜スイーツで有名なパティスリーポタジエ。オーナーの柿沢安耶さんは農家の間引きされた野菜を有効活用し、農業にも健康にも役立つスイーツが作れないものかと野菜のケーキを製作し始めたんだそうです。べジスイーツのパイ…

連載記事

離乳食インストラクターおすすめ!作るのが面倒・苦痛な時の解決方法

食事は毎日食べるものです。大人の献立を作るのも大変なのに、プラス離乳食まで作るとなったら。時には「離乳食を作るの嫌だな・・・」と思ってしまうこともありますよね。そんな時、どうすればいいでしょうか?その解決方法…

ページTOPに戻る