スピリタスはどうやって作られてるの?

スピリタスがウォッカの一種だということは何度か述べた通りですが、そもそもウォッカとはどのように作られているのでしょうか? ウォッカは基本的に寒いところで作られているお酒です。極寒冷地に住んでいる人々は、体を温めるためにアルコール度数の高いお酒を求めました。原料は大麦、ジャガイモ、とうもろこしなどの穀類で、これに酵母を加えて発酵させたのち蒸留を繰り返します。繰り返すことでアルコール度数は高くなりますので、一般的にはそのあと水で割り、度数を40〜60度程度に調整し、白樺でろ過して完成させるのだそうです。 スピリタスは、そのなかの「水で割る」という工程を省いたものになります。蒸留を繰り返すにつれ純度が増し、アルコール度数は高くなりますが、スピリタスはなんと70回以上も蒸留しているのだそうです。これだけ度数が高いのも納得ですね。

スピリタスを使ったレシピ

それでは、スピリタスをおいしく味わうためのレシピをいくつかご紹介しましょう。気になる方はぜひ試してみてくださいね。

いちごの果実酒

保存瓶はこの形でなくてもかまいませんが、しっかり洗って煮沸消毒などしておくようにしましょう。 いちごはよく洗って水気を取り、へたをとったら瓶の中にIN。そこにスピリタスを注ぎ、冷蔵庫に入れて2週間ほど保存します。 水と砂糖を沸騰させて冷ましたら、レモン汁を入れます。それをいちごをとりのぞいた保存瓶に注いでください。この状態でもう飲めますが、1週間ほど寝かせたほうがおいしいそうですよ。

大人のはちみつレモンケーキ

こちらはケーキを焼くところまでは普通のケーキと同じですが、仕上げにスピリタスで作ったリモンチェッロ(レモン風味のお酒)をかけているのだそう。 はちみつレモンというと子どもが食べるものというイメージがあるかもしれませんが、この一手間で一気に大人のデザートに大変身。お子さまには、かける前のものを出してあげましょう。

スピリタスを買うには?

スピリタスはリカーショップやお酒の通販サイトで購入することができます。値段もそこまで高くはありませんので、気になる方は購入してみてもいいかもしれません。

ITEM

【正規品】スピリタス・ウォッカ・500ml・96% ハードリカー

¥1,566〜 ※2016年11月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

スピリタスの度数に注意!

いかがでしょうか?世界一度数の高いお酒も、注意事項を守って飲めば、十分楽しむことができるんです。果実酒やカクテルにする際には、その口当たりのよさでつい飲み過ぎてしまわないように気をつけてくださいね。 スピリタスに限らず、お酒はTPOを守っておいしく楽しく飲むように心がけましょう。素敵なお酒ライフを楽しんでください!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS