輝く姿はまさに宝石!「海藻ビーズ」のかわいすぎるレシピ9選

海藻ビーズをご存じですか?海の宝石と呼ばれる海藻ビーズは、昆布やわかめなどの成分であるアルギン酸で作られた、低カロリーでヘルシーな食材です。今回は海藻ビーズが海野宝石と呼ばれる理由や、海藻ビーズを使ったヘルシーなレシピなどを紹介いたします。

海の宝石「海藻ビーズ」

海藻は繊維質で、アルギン酸が含まれているので健康に良いと言われています。そんな海藻から作られた、カラフルで見た目がとってもかわいい海藻ビーズは、今までにないほど低カロリーな食品なんです。海藻ビーズをお料理やデザートに使えば、たちまち華やかなメニューに大変身!

ここでは、見ている人に爽やかな涼しさや美しい華やかさを与えてくれる海藻ビーズについて、不思議な魅力と、海藻ビーズを使ったかわいいレシピを紹介いたします。

海藻ビーズとは?

海の宝石と称される海藻ビーズは、昆布やわかめなどのヌルヌル成分であるアルギン酸から作られています。見た目が美しいだけでなく、無添加で低カロリー!

きれいな粒々は、和洋中幅広いアイデア料理をデコレーションするのに最適の食品です。食物繊維が豊富なので、便秘がちの方やダイエット中の方にもおすすめですよ。

カラフルな色は、合成着色料ではなく自然由来なので安心です。そして使い方も簡単。水洗いするだけですぐに使えて、手間いらずなんです。

海藻ビーズのレシピ9選

1.海藻ビーズの冷しゃぶサラダ

キャベツ、レタス、キュウリなどの野菜を切り、お皿に盛ります。サッと茹でた豚肉をのせ、最後に海藻ビーズをのっけます。ポン酢やお好きなドレッシングをかけて、いただきましょう。野菜の色どりが寂しくても、海藻ビーズがあればたちまち華やかなサラダに変身ですね。

2.海藻ビーズ入りそうめん

そうめんを茹で、細く切ったニンジン、きゅうりと和えます。ミニトマトとチーズ、そして海藻ビーズをトッピングし、そうめんつゆをかければできあがり。爽やかで涼しげなひと品になりました。かわいすぎて、きっとお子様も野菜をたくさん食べてくれそうですよね。

3.ワカメのブリュレ

だし汁と卵をよく混ぜ合わせ、茶こしでこしながら卵だしをカップに入れ、ふんわりとラップをして電子レンジで温めます。お鍋にだし汁と醤油でワカメをサッと煮て、片栗粉でとろみをつけます。電子レンジから取り出した卵蒸し(ブリュレ)の上に海藻ビーズをのせ、ワカメあんをかければできあがりです。

4.豆腐とツナのカラフル海藻サラダ

お豆腐は水を切って食べやすい大きさに切り、お皿に盛ります。その上にツナと、水で戻した海藻をのせ、海藻ビーズを散らします。

5.海藻ビーズ入り太巻き

巻きすの上に海苔を広げ、酢飯をのせます。鶏そぼろ、卵焼き、椎茸、シソ、海藻ビーズ、海藻、揚げをのせて巻きます。とってもカラフルな太巻きの完成です。おにぎらずにしても、かわいくできそうですね。

6.海藻ビーズ入りカプレーゼ

特集

SPECIAL CONTENTS