ローディング中

Loading...

食物繊維やポリフェノール、ミネラルを含み、素朴な味わいで食卓をおいしくしてくれる「ごぼう」。実は、とても印象にのこる花を咲かせます。そして、注目すべきはその花言葉!そんなにネガティブにならなくても……と、思わず心配になります。。。

ごぼうに花言葉が?

ごぼうといえば、ニンジンと一緒につくるキンピラごぼうがポピュラーですよね。ほかにも、牛肉のごぼう巻や、甘く煮たごぼうにカツオ節をまぶしていただく土佐煮などがあります。ごぼうは歯ごたえがあり、田舎料理のような素朴さがなんともいえない食材。それにもまして、食物繊維やポリフェノールがたっぷりなのも人気の秘密です。

そして、実はとても印象的な花を咲かせるんですよ。あの素朴なビジュアルからは想像しにくい、強いインパクトをもつ花です。でも、それは見た目だけではありません。ごぼうの花の花言葉は、意外にもインパクトが強く……いや、猛烈にネガティブなのです……。

ごぼうの花言葉は「いじめないで」

ごぼう(牛蒡・Burdock)はユーラシア大陸原産の、キク科の植物です。根の部分は同じキク科のタンポポとよく似ています。普通のごぼうは根の部分が食用にされますが、若ごぼう(葉ごぼう)は、根・軸・葉まで食べられます。そして、初夏から夏にかけて特徴的な花を咲かせるのですが、その花言葉はなんと…

「いじめないで」

いやいや、いじめませんよ!といいたくなるような花言葉ですが、それだけではありません。

「私にさわらないで」
「用心・警戒」


……こちらは極度の拒否反応です。

なぜ、こんな花言葉かというと、ごぼうの花は、トゲトゲした花びらを支える総苞(そうほう)の部分に、まるでイガグリ(毬栗)やウニのようなトゲがあるのです。どうやらこのトゲが、他者を寄せつけないネガティブな花言葉を生んだようですね。紫色の花を咲かせたその姿は、アザミにもよく似ています。

意外とごぼうの花は綺麗

ごぼう(牛蒡)という名は、その根の姿が、牛の尾に似ていることが由来といわれています。また、マラソン競技などで次々に人を追い抜いていくことを“ごぼう抜き”といいますよね。これは、ごぼうの根がまっすぐ生えているため、長く抜きにくそうでいて、意外と簡単にスルリと抜けることから生まれた言葉のようです。

いろいろなネタにこと欠かない“ごぼう”ですが、花が咲く前に収穫されてしまうので、なかなか開花した姿を見ることはできません。しかし、いったん花を咲かせてみると、そのイガイガのなかに際立つ、鮮やかな紫色に目を奪われるひとも多いようです。牛のしっぽのような根からは、想像もできないアザミに似た紫の花は、とても造形的なことから、モダンな生け花に活用されることもあるんですよ。

実はこんな言葉も

ごぼうには、ほかにも花言葉があります。それは…

「しつこくせがむ」

ごぼうの花は、総苞(そうほう)のトゲをさわると簡単にくっついてきます。それは、トゲの先端がカギ針のようになっているから。いつの間にか服やら何やらにくっついてくる“ひっつき虫っぷり”が「しつこくせがむ」という花言葉を生んだようです。

また、ごぼうは縄文時代の遺跡から発見されていますが、辞書などに登場したのは平安時代からです。日本では自然に自生しないので、中国から朝鮮半島経由で薬草として伝わったといわれています。現在、基本的にごぼうの根を食用にしているのは日本だけ。欧米や中国などでは、薬用として用いられています。そのように、食材や薬用として役立っていることから、実はポジティブな花言葉もあります。それは…

「人格者」

うーん、これで、なんとか名誉挽回といったところでしょうか。でも、拒絶して、しくこくせがむ人格者って、どうなんでしょう。

ほかにもある!? ビミョーな花言葉たち

ごぼうのように、花言葉はロマンティックなものばかりではありません。思わず突っ込みたくなるような花言葉が、まだまだたくさん存在するんですよ。さっそくご紹介しましょう!

りんどう

「苦しんでいる時のあなたが好き」
……間違いなく「S」ですね。でも、「あなたの悲しみに寄り添う」というのもあります。ドSなだけではありませんでした。

「広大な自然の中で私を永遠に眠らせて」
大いなる自然かと思いきやサスペンスです。「自然美」というのもあります。渋いイメージのある柿ですが、結構壮大なのが面白いですね。

パセリ

「お祭り気分」
明るく楽しい雰囲気ですが、ほかにもあります。「死の前兆」……上げて落とされた気分です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ブーム到来の予感! ワインのようなフルーティーさが人気 「北欧コーヒー」とは?

アメリカや日本といった世界でも有数のコーヒー消費国をおさえ、フィンランドやノルウェーといった北欧の国々が世界のなかで圧倒的な消費量を誇ることをご存知ですか? 実はここ最近、その独特なフルーティーな風味がウケ、…

実は知らないことばかり!? ブラジルコーヒーの楽しみ方

ブラジルといえば、コーヒーの生産で有名なのをご存知でしたか?今回は「ブラジルコーヒー」についてご紹介します。ブラジルにはコーヒーの秘密がいっぱい!ブラジル人は超甘党で砂糖をたくさん入れるとか!?併せて、淹れ方…

【意外過ぎ】京都には「食べるお香」がある!? 食べる○○の常識を逸脱!!

最近、食べる○○というジャンルのグルメが増えてきましたよね。実は京都には驚きの食べるお香が存在するのです。一体どのようにしてお香を食べているのでしょうか…?

サードウェーブ・コーヒーとは? 珈琲好きへオススメする3つの理由

コーヒー好きの間で話題となっている「サードウェーブ・コーヒー」。なんでもファーストウェーブ、セカンドウェーブと続く、コーヒー界における新たなムーブメントのことを指すのだとか。一体どのような特徴があるのでしょう…

もはやワインなの!? ハチミツの香り&“極”がつく超甘口「貴腐ワイン」の魅力とは?

独特な酸味や渋みが苦手な人も多いワイン。一方、値段と品質が単純に比例しない奥深さをもつなど、その世界にハマる人も多いですよね。実は、甘口・辛口などで区分されるワインの味わいの概念を覆すようなワインが存在するん…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

皮は剥く?種の取り方は?プラムの食べ方&レシピまとめ!

甘酸っぱくてジューシーなプラム。どんな食べ方をすればいいのか、意外とご存じない方も多いのではないでしょうか?皮まで食べても大丈夫?種の取り方は?今回は、生でもおいしいプラムの食べ方を詳しくご紹介します。

旨味が広がる!絶品トマトカレーの人気レシピ15選

いつ食べても飽きないカレーですが、暑くなってくると一層おいしく感じますね。いつものカレーにトマトを加えることでワンランクアップ!生のトマトでもトマト缶でも、さらにはトマトジュースでもおいしく作れるトマトカレー…

ささみサラダの人気レシピ20選!簡単、ヘルシー、ボリューミー♩

サラダといえば野菜……いえいえ、そんなことはありません!淡白な味わいでヘルシーな「ささみ」は、サラダの具材にぴったりなんですよ。今回は、きゅうりやキャベツなどと合わせた定番サラダから、そのほか人気の変わり種サ…

ページTOPに戻る