大きさと種類で変わる!タバスコの賞味期限と正しい保存方法

料理に辛みを足したいときに大活躍するタバスコ。そんなタバスコの賞味期限を、みなさんはご存知でしょうか。気付いたら変色していたという方が多いのでは?賞味期限の見方や適切な保存方法、タバスコを使い切るためのレシピなど盛りだくさんでご紹介します。

タバスコの賞味期限はどれくらい?

みなさんのお家にはタバスコってありますか?一滴でガラッと味を変え、変化を楽しませてくれるタバスコですが、その分なかなか中身が減らず、使い切ることができずに困ってしまいますよね。

そんなタバスコですが、久しぶりに取り出すと変色していて、使えるのか分からないなんてことも。タバスコは一体いつまで使うことができるのか、どのように保存すればいつまでもおいしく保てるのか、皆さん意外と知らないのではないでしょうか。気になるタバスコの賞味期限や保存方法、使い切るためのレシピまで幅広く紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね♩

タバスコの賞味期限の表示について

タバスコの賞味期限はどこに表示されているのでしょう。ボトルを見ても記載がないので、賞味期限を知らないまま使っているひと、たくさんいるのでは?
実はタバスコの賞味期限は外箱に記載されています。上の数字が製造年月日を表していて、月、日、年の順番に記載、下の数字が賞味期限を表していて、年、月、日の順番に記載されています。

たとえば上に”060413”と記載されていると、2013年6月4日に製造したことになり、下に"18 06 04"と記載されていると、2018年6月4日が賞味期限になります。なお、ビンに記載されている数字は製造日を指すので、気をつけましょう。

開封してすぐに箱を捨てるのではなく、賞味期限を確認してメモしておくと忘れなくていいのかもしれません。

大きさ、種類によって期限が違う

賞味期限はビンの大きさや種類によってちがいます。タバスコを含む通常のペッパーソースは製造日から5年

一般的な60ml、150ml、レストランで見かけるような350mlは5年、6cmのミニボトル(3.7ml)は1年、ピザ屋さんのデリバリーについてくる3mlパウチのものは2年です。

また、緑のハラペーニョソースの賞味期限は18ヶ月です。

賞味期限の条件は未開封

しかし、この賞味期限が適用されるのは、未開封の場合のみです。開封すると、賞味期限が変わります。基本的に腐ることはなく、使っているうちに変色してきたり、風味が落ちたりしますが、使えることは使えるのですよ。

開封後の賞味期限

目安は常温保存で3ヶ月、冷蔵庫にいれれば半年くらいです。もっとも、それ以上経過しても味は落ちますが食べられます。

しかし、あまりに放置すると中の液体が分離してきます。瓶ごとふれば元に戻りますが、またすぐに分離してくるようなら新しいものを買った方がいいでしょう。そうなる前に使い切りたいですね。

タバスコの発祥と日本上陸

そもそもどのようにしてタバスコが生まれ、日本にやってきたのでしょうか。

1865年に、銀行員をしていたエドムンド・マキルへニーが、自身の大好きな生牡蠣に合うソースを作ろうとしたのがはじまりだとされています。すりつぶした唐辛子と塩を熟成させてできあがったのがタバスコです。日本へは、昭和20年代のアメリカ進駐軍が日本に持ち込んだとされています。

意外なあの人とタバスコの関係

なぜここまでタバスコが日本へ普及したのか、皆さんは不思議に思いませんか?

1970年代にアントニオ猪木氏が経営する貿易会社である、アントントレーディング株式会社が日本総代理店となり、販売権をもったことで日本に広まったといわれています。そして代理店契約解消後、激辛ブームや宅配ピザの普及なども加勢して、日本全国に広まったようです。

タバスコが日本へ入ってきてから約50年も経過していると考えると、とても長いですよね。それにもかかわらず、賞味期限について知らない人がとても多いのはなぜなんでしょう。瓶ではなく箱に記載されているという特殊性が、ひとつの要因ではないか、と考えます。

タバスコの原材料と保存方法

タバスコの原材料は

タバスコの主な原材料は、唐辛子・塩・お酢で、保存料や安定剤添加物、着色料が使われていない、意外と身体にやさしい調味料です。また、唐辛子や酢には腐敗を遅延させる作用や保存料の役目があるため、腐ることがないのです。これが製造から賞味期限までの期間が長い理由でもあります。

タバスコの保存方法

基本は常温保存で大丈夫です。ただし、直射日光が当たらない冷暗所での保存が最適です。ただし着色料が入っていない分、日にあたると変色する恐れがあるので、注意してくださいね!

冷蔵庫での保存ももちろんできますが、冷蔵庫から出して常温にもどす過程の温度変化により中身が劣化し、風味が損なわれる可能性があるので冷蔵はおすすめしません。もちろん冷凍はやめましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS