ピーマンつくねアレンジ

別々にトッピングして再現率アップ!

まずはピーマンとつくねを別々で出し、食べる時にピーマンの上につくねをのせでからつぶして食べると本家のピーマンつくねの再現度が高くなります。みんなで楽しく食べられるので、パーティにも向いているお料理です。

タレたっぷりのピーマンつくね

こちらのアイデアは、つくねにたっぷりのタレとネギをふりかけています。ピーマンをつくねにかぶせてガブリといただくスタイルです。タレがついていると、潰す時に手が汚れてしまうので、こうやって被せて食べるとベタベタになりませんね。

お子さんがいる家庭はつくねを詰めて

お子さまがいるご家庭や、つぶして食べるのに抵抗がある方は、あらかじめつくねをピーマンに詰めて食卓へ出してみてはいかがでしょうか?レシピはそのままですが、つくねをピーマンに詰めて、弱火でじっくり両面を焼きます。その際に蓋をして蒸すとしっかり中まで火が通りますよ。

ピーマンつくねに卵を絡めて

こちらも、あらかじめピーマンにつくねをのせて焼くアイデア。タレをかけゴマをかけたら、ご飯が進むおかずに早変わり。卵の黄身を絡めていただくと、ピーマンの苦みがまろやかになります。見た目もおいしいアイデアですね。

お弁当にピーマンつくね

ピーマンつくねはお弁当のおかずにもピッタリです。あらかじめピーマンにつくねを詰めて焼き、タレはつけずにそのままお弁当へ。お子さまにも人気のつくねと一緒ですから、ピーマンが苦手な子も食べてくれるかもしれませんね。

このほろ苦さがたまらない!

すぐにでも試したくなるピーマンつくね。いかがだったでしょうか?ぜひ機会があれば舞台となった庄助に足を運んでくださいね。家庭でもおいしくいただけるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ