ねばねばのグラタン⁉︎ ほっこりおいしい「とろろグラタン」の簡単レシピアイデア

とろろがおいしい季節になりました。今、とろろを使った新しいアイデア料理がブームなんです。その名も「とろろグラタン」!和風の味付けで日本人に合うほっこり優しい料理です。整腸作用や脂肪燃焼作用もあるとろろで夏の疲れを吹き飛ばしちゃいましょう。

秋はやっぱりとろろ

秋はいろんな食材が熟れ、おいしい季節です。お芋さんも秋の味覚のひとつです。長芋や山芋は、焼いたり煮たりしてもおいしいですが、削って食べる「とろろ」も格別ですよね。特に、とろろにして食べる芋のことをとろろ芋呼んでいます。サラッとして食べやすく、とろろご飯や、とろろ汁、とろろ吸物、お蕎麦やお豆腐にかけて食べるなど、ほかの食材との組み合わせもバッチリです。

とろろには「整腸作用」「強壮作用」「糖尿病予防」「ダイエット」に効果があるとされていて、おいしいだけでなく健康にもとってもよいのです。特に、抗酸化作用とカプサイシンが含まれており、脂肪燃焼にも効果がありますよ。この夏、おいしいものを食べ過ぎちゃって夏太りしてしまった方は、とろろを食べて健康に痩せましょう!

歴史を振り返ると、日本でとろろが食べられるようになったのは1600年ごろ。丁子屋(ちょうじや)さんが元祖とろろ汁と言われています。自然薯に特性のお味噌汁、たまごで作る、江戸時代から変わらない素朴な味だそうです。なんと、とろろには400年の歴史があるのですね。

いろんな食材と合うとろろですが、とろろを使ったグラタンが今人気なんです。今回はそんな「とろろグラタン」の作り方とアイデア、さらに、とろろを使ったレシピも紹介します。

とろろで作るグラタンが人気上昇中!

今人気を博しているとろろの意外料理とは「とろろグラタン」。ねばっとしたとろろとグラタン⁉︎ 想像がつかないですよね。実はその粘り気が合うんです!牛乳を使わないので、牛乳が苦手なお子さんでも安心して食べられますね。「とろろをそのまま食べるのが苦手」という方にも、ぜひ一度試していただきたいひと品です。

それではさっそく、気になる作り方を見てみましょう。

とろろグラタンの作り方

和風とろろグラタン

まず、ネギを2~3cmに切ったらサラダ油を全体にまぶし、焼き色をつけるように炒めます。次に、長芋と味噌と卵を混ぜてとろろソースを作り、この中に炒めたネギとベーコンを入れシメジも加えます。耐熱容器の中に生地を入れたら、上面にパン粉をまぶし、250度のオーブンで焼きあげれば完成です。

ヘルシーなネギと長芋を使用しているので、いくら食べても胃もたれしませんよ。ビールやワインなどお酒のつまみにもぴったりなグラタンです。

「とろろグラタン」レシピアイデアまとめ

じゃがいも&コーン&ハムのとろろグラタン

とろろグラタンに、じゃがいもとコーンとハムをイン!ほくほくのじゃがいもがたまりません。ネギをのせたら食卓も華やかな見た目に仕上がりますね。

アボカドのとろろグラタン

こちらは、アボカドを入れたとろろグラタンです。とろっと溶けたアボカドがこっくりとした味わいでやみつきになりそう。上にのせた海苔のほどよい塩気がマッチして絶品です。

ポテトサラダでとろろグラタン

なんとこちらは、セブンプレミアムの明太ポテトサラダを入れて焼いたとろろグラタンです。彩りに散らされた枝豆が鮮やかですね。スキレットで焼くのもポイント!お酒のつまみにもよく合いそうです。

大きなお皿でたっぷりと作って

特集

SPECIAL CONTENTS