ローディング中

Loading...

レストランなどで耳にすることの多い、「アラカルト」という言葉。普段、何気なく使っていますが、その意味をあなたはきちんと答えられますか?ギクッとした方は、ぜひチェックしてみましょう!詳しくお教えいたします。

アラカルトとは?

アラカルトという言葉を街中であったり、テレビの中で聞いたことがあると思います。でも実際に、どういう意味なのかを知らずになんとなく理解している人が多いです。

アラカルトという言葉がどんな時に出てくるかというと、よくみなさんが聞くのが「食べ放題」のときに、ステーキ、スパゲティー、その他アラカルトメニューみたいな感じで表示していることが多いです。

フランス語で「一品料理」

アラカルトというのは、もとはフランス語。日本語の意味としては「一品料理」「お好み料理」という意味があります。料理の献立表(メニュー)を見て、一品一品頼んでいくメニューのことです。簡単にいうと、セットではなく単品メニューのことです。

ただ、単品しかおいていないような店ではアラカルトとは言いません

コース料理が一般的なフランスならでは

フランス語が語源というのは、もともとフランス料理は基本的には、決められた料理が合わさったコースが主流ですよね。5,000円コース、8,000円コース、10,000円コースなどがあると思います。

そのコースではなく、オードブル、スープ、魚料理、肉料理、デザート、飲み物などを一品一品好きなように注文する際に、アラカルトメニュー表というのが存在するのです。

その言葉が語源となって、日本では、食べ放題などでたくさんの一品メニューを提供していることを「アラカルトメニュー」というように浸透してきたのです。

レストランにおける「アラカルト」

レストランでは、大きくわけて2つの注文方法があります。
それが、「コース」と「アラカルト」です。コースの意味は、みなさん理解されていると思いますが、値段に応じたメニューが提供されてきます。先ほど説明しましたが、コースに対してアラカルトは単品という意味です。

好きな料理を注文できるという良い点もあるのですが、海外などに行くと英語で全て書かれていることが多いので、初心者の方はどんな料理がくるか不安ということもありますので、コース料理を頼むことが多いですし、無難ということです。

コースの場合であれば、前菜・メイン・デザートなど基本的にはジャンルに分かれた料理が出てきますから。知らずに頼んでしまって、前菜ばかり出てきたり、デザートばかり出てきたら困りますよね。

アラカルトメニューを注文するときは注意!

また、アラカルトで注文する場合は、どうしても量が多くなってしまうので、注意しましょう。多く頼んで残すといった、いけないマナーをするのはやめましょう。

注文するときに注意したいのが、1人がコースで1人がアラカルトメニューという頼み方。基本的にそのような注文の仕方はできません。2人ともがコースで、1品だけアラカルトから追加して食べる、というような注文の仕方がよいと思います。

チョコレートにおける「アラカルト」

チョコレートでいう「アラカルト」とは、いろんな種類が入っているということです。
一般的なチョコレートは、味や形は一緒のものが多いと思います。しかし、バレンタインデーや誕生日など、何かのイベント時期になると、よくアラカルトチョコレートという言葉を聞きます。

チョコレートには、カカオの量が違ったり、ミルクチョコレートなど味や種類もたくさんあります。それが1つの箱や袋にまとまって入っていることで、いろんな種類が食べられるというもらった側からすると嬉しい商品です。

日本と海外で違う、チョコレート事情

日本ではどちらかというと、甘いチョコレートが主流としてお菓子に使われているため、ひとつのパッケージに1種類のチョコレートが入っている、ということが多いでですよね。

しかし海外の場合は、どちらかというとカカオの味を味わうために、濃いめのチョコレートを食べることが多いです。そのため、カカオの分量の違った味を楽しみたいというお客さの要望に応えるため、アラカルト商品が多いのです。

アラカルトは英語で言うと?

「a la carte(ア・ラ・カルテ)」はフランス語で、「a la carta(ア・ラ・カルタ)」はスペイン語であり、それぞれ「カルテ」「カルタ」と発音しますが、語源はカルトと意味合いは同じのため、それぞれアラカルトという意味になります。

英語で表すと、アラカルトとなり、「カルト」とはもともと英語で「メニュー」という意味なので、好きなものを注文するという意味で使われています。

そのため、フランス語やスペイン語とは発音は違うのですが、大きな意味の違いはないのです。語源がフランスから始まり、スペインを回って、英語圏にいき、今では日本に主流としてアラカルトという言葉が使用されているのです。

おわりに

なんとなくアラカルトという言葉を目にしたり、使ったりしていませんでしたか?

語源は一品料理という意味なので、一品料理がたくさんあるということで、食べ放題で使われることが多いのですね。フランス料理を食べに行った時には出てくる言葉なので、注意して注文するようにしてくださいね。
▼ここで問題。下記の言葉の意味は?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハロウィン チョコレート

プレミアムチョコレートブランドLindt(リンツ)に、ハロウィン向けのチョコレートが登場!一番人気のチョコレート「リンドール」が、楽しく愉快なパンプキンやゴーストのハロウィンモチーフの限定ラッパーに包まれて発…

レストラン ニューヨーク 東京

ニューヨークで絶大な人気を集めるレストラン「ブヴェット(Buvette)」が、東京・日比谷の村業態「東京ミッドタウン日比谷」1階に日本初上陸として同日オープン!フランスの伝統的な料理を小さなお皿にのせ、家族や…

チョコレート 東京駅 お土産

東京駅丸の内南口のギフトコーナーで発売されている「プリントチョコレートSuica」がTwitterで話題!パッケージも中のチョコレートも、Suicaペンギンの魅力がたっぷりつまっているんですよ♩東京土産にぴっ…

レストラン コース料理

ケイト・スペード ニューヨークが、今年の春に東京の神楽坂にオープンしたフランス・パリのステックフリットレストラン「サクレフルール」とコラボ!通常は6,000円相当の本場シャロレー牛コースが、半額の3,000円…

皆さんはラフロイグというお酒をご存知でしょうか?個性的なお酒として知られていますが、飲んだことのある方は少ないようです。ラフロイグとはどのようなお酒なのでしょうか?詳しくご紹介するとともに、飲み方もお話します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

パン まとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る