私を上に引っ張って?「ティラミス」の意味に隠れた大人の情事

女性に大人気なイタリアのデザートといえば、やっぱりティラミスですよね。ほろ苦いコーヒーの香りと、程よい甘さのクリームは、まさに大人のデザートと言った雰囲気です。そんなティラミスには、隠されたセクシーな意味があることはご存知でしたか……?

ティラミスの意味、知ってる?

イタリアン・ドルチェの代表格「ティラミス」。口どけのいいマスカルポーネチーズとほろ苦いエスプレッソソースの豊かな味わいが口のなかに充満したかと思えば、底に沈むビスケットがさっくりと控えめな歯ごたえを与えてくれます。

大人のドルチェとして人気のあるティラミスは、実は隠れた意味でも「大人な」ドルチェだということをご存知でしたか?今回は「ティラミスの隠された意味」をご紹介します。

ティラミスという言葉を直訳すると

まず、ティラミスの言葉の意味から迫っていきましょう。ティラミスの発祥はイタリアということから、言葉はもちろんイタリア語です。

表記はイタリア語だと「Tiramisù」、ヴェネト州に移動するとヴェネツィア語で「Tiramesù」と書きます。言葉を分解するとTira・mi・suの3つになります。「Tira」には「引っぱって」という意味が、「mi」は「私を」、「su」は「上へ」という意味になり、直訳すると「私を上に引っぱって」、変換して「私を元気づけて」という意味になります。

ティラミスの歴史

イタリアにはさまざまなドルチェがありますが、ズッパ・イングレーゼ(Zuppa Inglese)というティラミスにそっくりなお菓子があります。

このドルチェは16世紀後半にイタリア中部のトスカーナ地方で生まれたとされ、ティラミスの原型となったお菓子とされています。それが北イタリアのヴェネト州に移り、北イタリアを中心に愛されていったようです。

ティラミスのオリジナルレシピ

材料

土台にはフィンガービスケットを使用しますが、スポンジでも代用は可能です。染み込ませるためのエスプレッソコーヒーは、用意できない場合は濃いめに入れたインスタントコーヒーでもよいでしょう。

クリームには卵黄、砂糖、マスカルポーネチーズ、生クリーム、ラム酒、バニラエッセンスを使用します。お子さまに食べさせてあげる時は、香づけのラム酒は抜いた方がいいかもしれませんね。

仕上げには無糖のココアパウダーを用意しておきましょう。

手順

先にコーヒーをいれ、冷ましておきましょう。

まずは卵黄、砂糖、マスカルポーネ、生クリーム、ラム酒、バニラエッセンスを合わせて混ぜ、クリームを作ります。
フィンガービスケット、もしくはスポンジにコーヒーを染み込ませます。

クリームとビスケットを交互に重ね、ラップをしてから4〜5時間程度寝かせます。
食べるタイミングでココアパウダーをふりかけたら完成です!

ティラミスに隠された意味

溶き卵と砂糖は強壮剤だった

さて、日本でもすっかりおなじみとなったティラミスですが、ティラミスには実は隠された意味があったのです。

一般的なティラミスのクリーム部分の色といえば、真っ白かやわらかい黄色のどちらかですよね。後者の黄色いティラミスは卵が入っているため。白いティラミスはカロリーを抑えるために卵を使っていないのだとか。そして本場イタリアのティラミスは卵が入っている黄色いティラミスが通常なのだそうです。

なぜ卵を入れるのかというと、精力をつけるため。甘い砂糖も強壮剤の役割として入れてあるのだそうです。

夜遊び前に女性が男性にふるまうスイーツ

一説によると、ティラミスが有名になった理由は“夜のお菓子”だったからとされています。

18世紀頃のヴェネツィアでは強壮剤のデザートとして食べられていたのだとか。現在のイタリアでも、ティラミスは夜にしか出さないというお店もあるようです。夜遊び前に女性がティラミスにメッセージを込め、男性にふるまっていたと考えられます。

そして改めて、ティラミスの意味

特集

SPECIAL CONTENTS