チーズピザ

カークランド シグネチャー チーズピザ 1,868円 冷凍ピザなのにオーブンで解凍したあとの生地はふわふわで焼きたてのパンのよう。シンプルにチーズとトマトで、ピザ本来の味が楽しめるおいしいです。ハムやバジルなどの具材をトッピングして、食べられるのでぜひ、自宅でやってみてくださいね。

バジルチキン& アルフレッドソーセージ

カークランド シグネチャー フラットブレッド 「バジルチキン& アルフレッドソーセージ」1,780円 この春の新商品として登場したスクエアピザのフラットブレッド。クリスピー生地のピザは2種類の具材がのっています。バジルソースに鶏肉、モッツァレラチー ズなどがのったコストコらしいピザの味とソーセージとクリーミーなチーズの定番のピザの味は相性抜群です。違う味が2種類あれば気分や好みで選びながら食べることができるので飽きずに食べられますよ。
実店舗で購入できるコストコ会員と通販では金額が多少、異なるためご購入の際はお気をつけください。(送料なども含まれるため)

焼き方をご紹介

グリル

本格的なピザ釜の温度は500度、オーブンやオーブントースターはそんなに温度が高くなりませんよね。そこで注目したいのが、魚焼き用のグリル。このグリルなら250~400度の温度になります。おまけに余熱なしで250度にまで達するというすぐれた機能。さらに魚焼きグリルの狭い庫内では、ピザ釜と同じ「直火」と「対流熱」の原理が繰り広げられています。焼き方は両面焼きグリルの場合、解凍してから上下強火で1〜2分でOKです。対流と直火を組み合わせることで、クリスピーでふっくらのピザが焼けますよ。ぜひ、自宅でチャレンジしてみてくださいね。

フライパン

オーブンシートかアルミホイルを敷き、十分に余熱をして自然解凍したピザを置いて焼きます。フライパンはスキレットのような分厚いものがあれば、遠赤外線効果も発揮するのでふっくらと上手に焼けます。

オーブン

オーブンで焼く場合、「チルドピザ」というボタンがあれば、ひとつ押すだけでいいので楽々ですが、ない場合は自然解凍したピザを200度のオーブンで15分位が目安です。その後、グリル機能で1、2分追加で焼くとカリッとした食感になります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS