タイやインドで定番フルーツ「タマリンド」とは?実はあの調味料にも入ってた!

「タマリンド」というフルーツをご存じですか?タイやインドでは一般的に食べられており、果肉以外の部位にも様々な効能があるんです。美や健康に気を遣う人必見!気になる味から、調理に使えるペーストタイプやジュースなど、通販で購入できる商品もご紹介!

タマリンドとは?

アフリカの熱帯地方が原産の「タマリンド」は、マメ科ジャケツイバラ亜科タマリンド属の、高さ20~25mほどの常緑高木に実るフルーツです。タマリンドは高木が黄色い花をつけたあとにでき、7~15cmほどの枝豆を大きくしたような形をしていて、一年中見ることができます。実をつけるのに6年から10年ほどかかりますが、過酷な環境でも育つ強い植物なんですよ。

サヤの中に果肉があり、そのままでも食べることができます。酸味が強いので、ジャムやお菓子、飲み物などに加工して食べることが多いのだとか。日本人には少し馴染みの薄いトロピカルフルーツですが、栄養価が高くいま注目されています。

タマリンドの味わいは?

タマリンドの味は甘酸っぱく、少しくせのある味で、日本の食べ物でいうと甘酸っぱい梅干しや干し柿などと表現されることが多いです。熟して茶色になったサヤの果実は、スパイスとしてカレーやスープなどのアクセントとしても使われています。

タマリンドの効果効能

整腸作用

タマリンドの果肉は、腸内環境を整える効果が期待できる「AHA(アルファヒドロキシ酸)」や「クエン酸」、「酒石酸(しゅせきさん)」を多く含んでいます。また、食物繊維も豊富に含まれているので、腸内環境も整えられ便秘にも効果が期待できます。

貧血予防

タマリンドの果肉には、カリウムと鉄分が含まれています。カリウムには体の中の余分な塩分を外へ排出する働きがあり、鉄分はヘモグロビンを作る働きがあるため貧血に効果があります。

消化機能の改善

タマリンドの果肉に多く含まれる、ビタミンやミネラル、クエン酸の作用に加え、食べ物を消化・分解する「酵素」がたっぷり含まれているので、消化機能の改善が期待できるでしょう。

果肉以外の部位にもいろんな効果が

上記の効能は、タマリンドの「果肉」によって期待できる作用です。しかし、果肉以外にも、タマリンドはいろんな効果を発揮してくれるんですよ。

たとえば、湿布として腫れた箇所に葉を巻くと、治りが早くなるとされています。また、種はドライアイ予防として目薬に配合されたり、ペースト状にすれば吹き出物にも効果的です。ほかにも、樹皮や花にも薬効があるとされ、さまざまな場面で使用されているんですよ。

まさにタマリンドは、捨てるところがないスーパーフルーツと言えるでしょう!

タマリンドの食べ方

タマリンドの果肉は、甘いものと酸っぱいものに分けられます。
タイでは甘いタマリンドのことを「マカーム・ワーン」といい、そのままサヤを剥いて果肉を取り出して食べることができます。中には酸味が強いものもあるので、それらは甘みを加えてペースト状に加工してジャムやソースとして食べることがほとんど。砂糖漬けにしたものはカロリーが高いので、食べ過ぎは禁物です。

意外にあった!タマリンドを使った商品

タマリンドジュース

ITEM

フォコ タマリンドジュース

内容量:350ml

¥162〜 ※2018年7月26日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
タマリンドジュースは、タイの人は常備していると言われるほど人気のジュースです。タマリンドの果汁と砂糖水で作られていて、甘さの中に少し酸っぱさが残る味わい。冷蔵庫で冷やして、炭酸で割って飲んでもおいしく飲めますよ。ただし、体を冷やす作用があるので、飲みすぎには注意しましょうね。

タマリンドガム

別名「タマリンドシードガム」ともいい、タマリンドの種子からとれる胚乳部分を分離精製して得られる、増粘性の食品添加物です。ジュースやお菓子、カレーなどの粘りを高めるものとして広く使われています。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう