内容と費用

試験内容
ブロンズクラスと同様に受検申し込み後に到着したテキストすべてになります。こちらも過去問は公開されていませんが、ブロンズクラスのテキストを基本にフランス、イタリアをはじめ日本まで各国ごとの、歴史や気候、栽培されるブドウ品種、格付けなどが細かく出題されます。

試験問題:全70問
費用:受検料15,000円(テキスト代、認定料含む)

J.S.A.ワイン検定の受検申込方法と当日の流れ

ブロンズクラスとシルバークラスで受検資格・スケジュールが変わります。

受検資格

ブロンズクラス:受検日において20歳以上の方
シルバークラス:J.A.S.ブロンズクラス認定者

申し込み方法と当日のスケジュール

1. 公式サイトの「試験会場」ページより、受検会場を選ぶ。
2. 受検料入金完了後、テキスト、当日の詳細(会場案内等)などについての書類が郵送で届く。
3. 試験当日、まずは講習会を受ける。ブロンズクラスは90分。シルバークラスは120分。
4. 10分ほど休憩。
5. 試験を受ける。(各クラス40分間)


合否は、数日中に登録しているメールアドレスに連絡が来ます。

2020年の試験日程

ブロンズクラスの日程

ブロンズクラスは、年に3回開催されます。
2020年度は、新型コロナウイルスの影響で6月の開催は中止になりました。

次回開催予定
2020年9月13日(日)・16日(水)・17日(木)
申込受付
7月22日(水)~8月21日(金)

シルバークラスの日程

シルバークラスは、年に一度の開催です。二日間の開催日のうち一日を選びます。

次回開催予定
2020年11月28日(土)・29日(日)
申込受付
2020年10月3日(土)~11月1日(日)
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ