炭酸水を手作りする時の注意点

クエン酸や重曹の分量が多いと、二酸化炭酸が過剰に発生してしまうため、必ず分量を守りましょう。量をたくさん作りたい場合は、水の分量も増やして割合を守ってください。 重曹は、炭酸水素ナトリウムのため、塩分の摂取制限がある人は飲み過ぎに注意しましょう。1日カップ2杯(重曹5g分)を上限にして調整してください。かかりつけの医者がある場合は、事前に相談しましょう。

飲料以外の使い方

洗顔

炭酸水で洗顔すると、炭酸の泡が皮脂やたんぱく汚れと結びつく性質があるため、すっきりと汚れを落としてくれます。 炭酸水で洗顔料を泡立てて、優しく包み込むように顔をマッサージし、炭酸水ですすぎましょう。安く簡単に作れるからこそ、毎日たっぷり気兼ねなく利用できますよね。きれいな肌を手に入れましょう。

ヘッドスパ

頭皮や髪の表面の汚れも綺麗に落としてくれるため、ヘッドスパに利用するのもおすすめです。頭皮と髪表面を炭酸水で濡らし、指の腹を使って頭皮をマッサージするように揉み込みます。その後、くしでとかして髪表面の汚れを落とします。髪の毛が長い場合、桶などに炭酸水を入れて浸しながらとくと良いでしょう。

炭酸風呂

美容家やモデルなどが行っている炭酸風呂は、今では炭酸風呂が作れる入浴剤が販売されているほど人気です。家で簡単に炭酸水が作れたら、コストもかからず毎日たっぷり使用できますよね。お湯に、クエン酸大さじ1杯、重曹大さじ2杯を入れて完成です。喚起しながら入浴してください。

炭酸水は継続がカギ

炭酸水は、健康や美容にも良いので、毎日の生活に自然に摂り入れたいもの。簡単に作れて、さらに経済的なら継続できるでしょう。冷え性や便秘で悩んでいる人もぜひ試してみてください。 重曹とクエン酸はドラッグストアなどで手に入りますし、ネットでも購入できるので、良かったら下記からチェックしてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ