ウイスキー 30ml(シングル)/アルコール40%

アルコール度数40%のウイスキー30ml(シングル)で、アルコールが消失するまでに男性で約1時間56分女性で約2時間24分かかります。

成人男性の適量目安は、一日平均純アルコールで20g程度、女性では10g程度になります。ウイスキーシングル1杯では、純アルコールに換算すると9.6gで適量です。おかわりしたり、ダブルにしたりするとその分アルコールの消失するまでの時間は長くなります。(※2)

アルコール分解時間の計算方法

アルコールの分解時間を自分で計算する方法があります。つまり、体からアルコールが抜けるのにかかる時間が算出できるんです。それには、身体が「1時間に消化できるアルコール量」と「飲んだお酒の純アルコールの量」を把握する必要があります。

1. 体が1時間に消化可能なアルコールの量を計算する

体が1時間に消化することができるアルコールの量は、以下の式に当てはめて計算することができます。

体重(kg)× 0.1 = 1時間に分解できる純アルコール量(g)

例えば、体重50kgの人は、1時間に5gの量のアルコールを分解できるということになります。(※5)

2. 飲んだお酒の純アルコールの量を計算する

次に、飲んだアルコールの度数から、純アルコールの含有量を計算しましょう。次の計算式で算出することができます。

酒の量(ml)× [アルコール度数÷100] × 0.8(アルコール比重)= 純アルコール含有量(g)

例えば、アルコール度数12%のワインをグラスに2杯(240ml)飲んだと仮定して計算すると、純アルコール含有量は23.0gとなります。(※5,6)

3. 飲んだアルコール量から、抜ける時間を計算する

1時間に分解できるアルコール量と純アルコール量が計算できたら、あとは最後の計算です。

純アルコール量 ÷ 1時間に分解できる純アルコール量=飲んだアルコールの分解に必要な時間

つまり上ふたつの例を当てはめると、体重50kgの人がアルコール12%のワインをグラス2杯(240ml)飲んだ場合、アルコールを分解するのには約4時間36分必要ということになります。(※5,6)

あくまで参考程度に

前述したように、アルコールの分解速度は性別や年齢、体質により個人差があり、必ずしも計算式に当てはまるわけではありません。また、アルコールの分解には肝臓が大きく関係しているほか、その日の体調によっても左右されます。

もともとアルコールに弱い体質の人や女性は、アルコールが分解されるまでさらに時間にかかる可能性があることを念頭に置いておきましょう。(※1,5,7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ