アロエを堪能!「塗る・飲む・食べる」で得られる効果とは?

傷口に塗るイメージの強い「アロエ」ですが、実はそのほかにもいろんな効果が期待できる、優秀な食材なんです!今回はアロエの効果効能から、おすすめの使い方、人気の活用レシピまでご紹介します。あなたの生活に、アロエを取り入れてみませんか?

2019年3月1日 更新

アロエの種類

アロエエキス入りの化粧品やシャンプー、ボディソープなどが出回っていますが、アロエにもいくつか種類があることをご存知ですか?こちらでは、ポピュラーな「アロエベラ」「キダチアロエ」についてお話しします。

アロエベラ

日本で「アロエ」と言ったら、おそらく「アロエベラ」を連想する方が多いでしょう。主に食用とされており、大ぶりな葉が特徴です。外の皮を剥いて食べるのですが、日本ではアロエヨーグルトが人気ですよね。

キダチアロエ

アロエベラが食用である一方、主に薬用や観賞用として栽培されているのが「キダチアロエ」です。アロエベラと比べると小ぶりであることが特徴で、食べることはできますが苦味があるためあまり食用に向きません。

「アロエベラ」と「キダチアロエ」のほかにもいくつか種類がありますが、日本で出回っているものはこの2種類が一般的です。

アロエに含まれている主な栄養成分

アロイン

アロエの固い皮の部分に多く含まれる苦味成分です。大腸を刺激して排便をうながしたり、殺菌作用が期待できるとされています。アロエベラの外皮に含まれるバルバロインを処理して作られ、主に医薬品として用いられます。一般食用のアロエベラ果肉にはあまり含まれていません。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yuitoss

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう