【美容】アロエで期待できる効果効能3つ

1. 傷の炎症を抑える

アロエの葉の中にあるジェル状の部分には、抗炎症作用がある「サルチル酸」が含まれており、傷の炎症を抑えてくれます。

さらにアロエに含まれる「ビタミンC」が細胞を活性化してコラーゲンの生成を高めることにより、皮膚の再生に役立ちます。また、キダチアロエに含まれる「アロエウルシン」も細胞の再形成に関わるといわれています。アロエには、水ぶくれ程度の軽い火傷や、すり傷・切り傷などの軽いケガをしたときに役立つさまざまな成分が含まれていますよ。(※1,2,5)

2. シミ・そばかす対策

アロエに含まれている「アロエジン」という成分には、メラニン色素のもととなる「チロシナーゼ」の動きを抑えるはたらきがあります。そのため、日焼け対策に役立ちます。さらに、肌の老化を抑え、シミ・そばかすが濃くならないようにする作用も期待できます。

そのほかにも、アロエベラの葉肉の汁が肌のターンオーバーを促したり、アロエベラエキスが紫外線の影響を抑えたりすることも明らかになっています。(※5)

3. 薄毛対策

アロエの直接的な育毛作用は認められていませんが、薄毛を抑えるのに役立つとされています。それは、アロエに含まれている「タンニン酸」と「アロイン」のはたらきによるもの。

タンニン酸には毛母細胞を活性化させ、男性ホルモンのはたらきを阻害する作用があります。また、アロインも男性ホルモンの生成を抑制します。これによって、男性ホルモンの活性化による薄毛を抑えることが期待できるのです。アロエに含まれる成分が薄毛の原因のひとつとされている男性ホルモンに働きかけるので、薄毛対策につながるんですね。(※5)

【健康】アロエで期待できる効果効能4つ

1. 便秘対策

アロエに含まれる「アロエエモジン」「アロイン」には、腸内の水分量を増やし、蠕動運動を活発にすることで、大腸を刺激して便の排出をサポートするはたらきがあります。

ただし、アロエをたくさん摂取すると刺激が強すぎる場合があります。便秘対策として摂り入れる場合には、少量を摂取するようにしましょう。(※2,5)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ