素朴な魅力を知ってる?佐賀名物「丸ぼうろ」の基本&アレンジレシピ

今回は、佐賀県民に人気の「丸ぼうろ」基本の作り方やアレンジレシピ、通販など詳しくご紹介します!東京では知らない人も多いそうですが、九州では有名な伝統和菓子。まだ食べたことの無い方は、この機会にぜひ食べてみてくださいね!

2018年2月21日 更新

佐賀で人気!「丸ぼうろ」とは

丸ぼうろは、佐賀県を代表する銘菓のひとつで、「丸芳露」「丸房露」と表記されることもあります。形は丸く平らで、大き目のクッキーのような見た目なんですよ!

丸ぼうろの魅力は何と言っても食感。周りはサクッとしているのに真ん中はふっくらしており、この絶妙な食感がおいしさの秘密です。丸ぼうろのカロリーは1個当たり約90kcalで、子供から大人まで幅広い年齢層の人が食べやすいお菓子として人気なのです。

丸ぼうろと甘食の違い

丸ぼうろと甘食(あましょく)、同じものだと思っている人もいるのではないでしょうか。甘食はスポンジケーキとビスケットの中間のような食感で、形は丸ぼうろよりも厚みがあります。材料の違いとしては、甘食にはバターが含まれているので、どちらかというとパンに近いようです。

また、丸ぼうろは佐賀県の銘菓ということもあり、関東の方面に行くと知らない人も多いとか。関東で丸ぼうろを探していたら甘食を提示された、という経験がある人もいるほどなんですよ。

丸ぼうろの基本の作り方

材料(2人分)

・小麦粉(薄力粉):100g
・重曹:小さじ1杯
・卵:1個
・砂糖(三温糖が好ましい):75g
・はちみつ:大さじ1杯

作り方

下ごしらえ
小麦粉と重曹は合わせて、ふるっておきます。

1. ボウルに卵と砂糖を入れて泡立て器で混ぜ、さらにはちみつを加えて、しっかりと混ぜます。
2. 1にふるっておいた小麦粉と重曹を2〜3回に分けて入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせます。
3. ボウルにラップをかけ、冷蔵庫で約1時間休ませます。
4. 冷蔵庫から取り出し、クッキングシートをひいた鉄板にお玉などですくって生地を丸く並べ入れ、形を整えます。
5. 170度に予熱したオーブンで10分〜15分ほど焼いたら完成です。粗熱をとっていただきましょう。

生地を絞り袋に入れて、鉄板に絞り出せば、キレイな形に焼きあがりますよ。

丸ぼうろのアレンジレシピ4選

1. 簡単!ホットケーキミックスで作る丸ぼうろ

ボウルにマーガリン、砂糖、練乳、牛乳を入れて、泡立て器でよく混ぜたら、ホットケーキミックスを入れてヘラで切るように混ぜます。粉っぽさがなくなったら、オーブンシートを敷いた天板にスプーン使って落としていきましょう。このとき膨らんだときのことを考え、間隔を開けてください。指を水で濡らして、表面を平らし、180℃に予熱したオーブンで15分前後焼いたら完成です。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう