金太郎が選ばれた理由は?「金太郎飴」の気になる作り方と誕生秘話!

どの飴にも同じ顔がついた「金太郎飴」。なぜイラストは金太郎だったのか、気になる誕生秘話と作り方を詳しく解説!最近は金太郎飴の呼び名で、花柄や動物柄などオリジナルデザインでおしゃれなものもたくさん!金太郎飴が購入できる本店や通販も紹介します。

どうして「金太郎飴」なのか

判を押したように、どの飴にも金太郎の顔の絵柄がついた「金太郎飴」、みなさんも一度は目にしたことがあるでしょうか。金太郎飴は、棒状の飴を均一の大きさに切ってつくったものの総称。

金太郎飴を売るお店では、棒状の飴を切るパフォーマンスを見せるところもあり、切っても切っても、均一の絵が出てくる様子は、見ていて楽しい光景ですね。

それにしても、なぜ金太郎飴の絵柄は「金太郎」になったのか、気になりませんか?桃太郎でも浦島太郎でもよかったと思うのですが、桃太郎飴や浦島太郎飴は、聞いたことがありません。気になる金太郎飴の発祥を調べるとともに、モデルとなった金太郎についても調べてみました。

金太郎飴の発祥

金太郎飴は、江戸時代の中期に江戸で生まれました。金太郎飴の名で親しまれていますが、正式名は「組み飴」といいます。組み飴は、さまざまに着色をした粘土状の飴を重ね合わせて、絵柄の元を作り、それを細長くのばして作る飴。でき上がった飴は、どこを切っても同じ絵柄が見られます。

金太郎飴が江戸で登場する前に、すでに大阪で「おたやん」とよばれる組み飴があり、大阪のそれは、おかめや福助の絵柄が入っていたそうです。

大阪で組み飴の技術を学んだ職人が、江戸で飴を作る際、当時はやっていたキャラクターの金太郎を絵柄に採用したことが、現在の金太郎飴の発祥。もし、桃太郎の方が人気だったなら、桃太郎飴になっていたかもしれません。

ちなみに、金太郎飴の登録商標は台東区根岸にある「金太郎飴本店」が持っています。

童話、金太郎

江戸の組み飴の代表柄に選ばれた金太郎、その人気の理由はなんだったのでしょう。金太郎の物語は、主人公の金太郎が強く健やかに育ち、立派な武士になるまでのお話。熊と相撲をとり負けなかったことや、大木を引き抜いて、崖と崖の間に橋をかけたなど、金太郎の桁違いの強さが、爽快に描かれています。

金太郎のモデルは、後に源頼光の家来となった坂田金時といわれていて、実際の金時も、かなりの腕力の持ち主だったようです。物語の内容がどこまで本当なのかはわかりませんが、当時の子供達にとって、とんでもなく力の強い金太郎は、きっと圧倒的な憧れのヒーローだったのでしょう。

金太郎飴と千歳飴の違い

千歳飴も、鶴や亀の絵柄が切っても切っても出てくる飴ですが、金太郎飴とは異なります。原料は同じですが、七五三の時に食べる千歳飴は、子供の長寿を願ったものであるため、飴をカットしていません。

また、現在はいろいろな絵柄をほどこした千歳飴も売られていますが、基本的には、紅白の飴を使って作ったものをいいます。

金太郎飴の作り方

切っても切っても金太郎が出てくる飴、どうやって作っているか知っていますか?食べる際には、直径数センチの棒状の飴ですが、引きのばす前は、俵状の巨大な塊です。

金太郎飴ができるまでの工程

1. 釜の中に水飴と砂糖を入れ、よく混ぜながら煮詰めていきます
2. 煮詰めたドロドロの状態の飴を、冷却版の上に広げて冷まします
3. 冷めた飴の塊を専用の機械で、練りながら伸ばします。このときに、目、鼻、口など、絵柄のパーツごとに着色もします
4. 着色し終わった全てのパーツは、パーツごとにまとめます
5. 金太郎の顔に合わせて、それぞれのパーツをあごの部分から頭部に向かって、順に重ねていきます
6. 一番上に髪の部分をかぶせたら、最後に、太巻き寿司に海苔を巻くように、透明の飴で全体を包みます
7. 重ね終わった金太郎飴を、細長く引きのばすため、パッチローラーという機械に入れていきます

引伸ばす前の金太郎飴は、なんと直径35cm、重さは40〜50kg。これを、直径2cmの棒状の飴になるまで引きのばします。引きのばしたおよそ250mの金太郎飴は、400〜500本分になります

特集

SPECIAL CONTENTS