ローディング中

Loading...

「旨味成分」とよく聞きますが、旨味の意味、わかっているようでよくわかってない人、多いのではないでしょうか。旨味は日本食に欠かせない味覚のひとつで、おいしさに貢献する重要な要素なんです。旨味成分の本当の意味と種類を調べてみました。

日本食には欠かせない「旨味成分」

私たちが物を知ったり、感じたりするために必要な感覚機能を「五感」と呼びます。「視覚」、「聴覚」、「触覚」、「味覚」、「嗅覚」です。そのうち味覚は文字通り、食に関する認識を担っている機能。さらに味覚を5つの基本味に分けると、「甘味」、「酸味」、「塩味」、「苦味」、「旨味」になります。

細かい基準はひとまずおいて、ようするに「甘み=甘い」、「酸味=酸っぱい」、「塩味=しょっぱい」、「苦味=苦い」、「旨味=旨い」……?……「旨い」?なにかほかの味覚と比べて、旨味だけ妙に抽象的というか曖昧というか、とってつけたような印象があります。そもそも、甘くても酸っぱくてもしょっぱくても苦くても、「旨い」と感じる食事があることは誰でもご存じの通りです。

とはいえ、もしかすると、私たちは根本的に旨味のことを理解していないのではないか、という可能性があります。「旨味=おいしさ」と、勝手に判断しているのではないでしょうか。

今回は、旨味とはなんなのか、旨味を構成する成分とはどんなものなのか、旨味について詳しく調べてみました。

そもそも旨味成分とは

いまお伝えしたように、旨味は5つの基本味を構成する1つの要素です。では、なぜ旨い(おいしい)が基本味に入っているかというと、じつはそもそも「旨味=旨い」ではないからです。

しばしば私たちは、「おいしい」と「旨味」を混同して使っていますが、それは誤りです。「旨味たっぷりでおいしい」といえても、「おいしさたっぷりで旨味がある」ということはできません。おいしさとは、味そのものを指すのではなく、匂い、食感、見た目、雰囲気など、さまざまな要因から導き出される“感想”のようなもの。おいしさは五感に左右される、といっても過言ではないわけです。

それに対して、旨味は基本味の1つに位置付けられていますから、「おいしい」という感想につながる以前の段階、おいしさに貢献する要素と捉えるべきものです。

たとえば、昆布ダシを思い出してみてください。ふくよかなコクとまろやかさ、あの味わいこそ代表的な旨味です。そして、あの味わいはアミノ酸の一種、グルタミン酸によって生み出されています。

旨味の起源

昆布ダシといえば、和食に欠かせませんね。日本では古くから料理に昆布ダシを活用してきました。昆布ダシに旨味があると、日本人は自らの舌で知っていたのでしょう。

明治時代、一人の大学教授が昆布ダシに注目します。東京帝国大学(現・東京大学)の池田菊苗さんです。「昆布ダシの正体はなんだろう……」と考えて、池田さんは研究を開始。ついに1908年、昆布ダシの中からグルタミン酸を発見し、グルタミン酸が生み出す味を「旨味」と命名したのです。

池田菊苗さんや、以下で詳しくご紹介する小玉新太郎さん、国中明さんなどの研究は国際的にも徐々に注目されるようになります。そして時代は流れ流れて、1985年、「第一回うま味国際シンポジウム」をきっかけに、「旨味=UMAMI」という言葉が認知されました。日本人の研究がついに身を結び、今では旨味を表現する「UMAMI」は世界標準になっています

旨味成分の種類

グルタミン酸

東京帝国大学の池田菊苗さんがグルタミン酸を発見したことは、上で述べたとおりです。昆布のほか、緑茶やトマト、白菜、パルメザンチーズなどにも多く含まれています。ちなみに完熟トマトがおいしい理由は、糖度が増すことに加えて、熟す過程でグルタミン酸が増えるからです。

そして池田さんの発見を受けて、新たな旨味成分が日本人によって次々と発見されました。

イノシン酸

1913年、池田菊苗さんの弟子である小玉新太郎さんが鰹節から抽出したイノシン酸。「呈味性ヌクレオチド」という、旨味を感じさせる「核酸関連物質」のひとつです。サバやタイなどの魚類、豚肉などの肉類に多く含まれているのですが、じつは死後になって量が増えます。死後、熟成する過程で含有量が増加するのです。

余談ですが、熟成がさらに進むと、イノシン酸はイノシンに変化し、最後、ヒポキサンチンという成分になります。ヒポキサンチン=臭み成分です。

グアニル酸

1957年、国中明さんがシイタケ中から抽出した旨味成分です。干ししいたけに多く含まれていますが、そのままの状態ではあまり含有量は多くありません。水につけて戻す工程でグアニル酸の素となるリボ核酸が増加し、このリボ核酸を加熱すると、グアニル酸に変化します。

まだまだある旨み成分

貝類に豊富なコハク酸、大豆食品や鰹節などに多く含まれるアスパラギン酸がよく知られています。そのほか、食用ハエトリシメジのトリコロミン酸や、毒キノコのテングタケ(間違っても食用は厳禁です)に含まれるイボテン酸も旨味成分です。

初めて出会う旨味は母乳?

母乳にはグルタミン酸が豊富に含まれています。私たちにとって、最初に旨味と出会うのは母乳ともいえます。実際、生後直後の赤ちゃんは、旨味を感じることができるそうです。身体に必要な栄養素を取り込むため、旨味が活躍するんです。酸味や苦味を嫌っても、旨味のあるスープならばスムーズに心地よく感じる理由も、旨味によるのでしょう。

旨味成分の相乗効果とは

旨味成分は組み合わせることで相乗効果を生み出し、その魅力をより高めます。たとえば、和食では昆布、鰹節、椎茸からそれぞれダシを取って合わせます。ラーメン屋などに行っても、多彩なダシでスープを作っている旨がメニュー表で紹介されていますよね。

これは日本に限ったことではなく、西洋料理のフォンではグルタミン酸を含む玉ねぎなどの野菜類と、イノシン酸を含む牛スネ肉を使って味わいをアップさせています。グルタミン酸とイノシン酸・グアニル酸が組み合わさると、旨味が格段に増すことが経験的に知られているんです。

旨味は日本で発見され、日本人によって命名されたので、「旨味を感じられるのは日本人だけ」という話も一部あるようですが、それは誤りです。万国共通、舌で旨味を感じられるといわれています。

旨味は減塩にも役立つ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ほの甘くて香ばしい◎「きな粉パン」のレシピ15選

レシピ パン まとめ

きな粉を使ったパンはほのかな甘さと香ばしさで、年齢を問わず人気がありますね。今回は、きな粉を使ったパンの人気レシピをご紹介。手軽にできるトーストから、手ごねで作る本格パンまでバリエーション豊かなレシピを揃えま…

【調理法別】豚ももブロックの人気レシピ20選!チャーシューも角煮も◎

豚肉 まとめ

豚ももブロックは脂肪が少なく、ヘルシーに食べられると人気の部位。しかし、どんな料理に使えばよいか分からない方も多いのでは?今回は、豚ももブロックのレシピを調理法別にご紹介します。角煮やチャーシューなど、人気の…

どの味がお好き?「ごまドレッシング」のレシピ、基本からアレンジまで!

レシピ まとめ

まろやかで豊かな香りが人気の「ごまドレッシング」。今回は、基本のごまドレッシングの作り方とアレンジレシピ6選、活用レシピ3選をご紹介します!手作りのごまドレッシングで、野菜をもっとおいしく食べてみましょう!

余った焼きそば&麺のリメイクレシピ15選!主食におかずに大変身◎

焼きそば レシピ まとめ

手軽に作れて人気の焼きそばですが、作りすぎて翌日に「残り物」を食べることってありませんか?今回は、そんな焼きそばのリメイクレシピ15選をご紹介。ひと味違ったそばめしや焼きそばパン、余った麺の活用レシピもありま…

2017年版!10月話題になった「コンビニの秋スイーツ」11選♩

ハロウィン まとめ

毎月、次々と発売されるコンビニスイーツ。2017年10月もいろいろなスイーツが登場し、人々の注目を集めています。秋の素材を使ったものやハロウィンにちなんだものなど、おいしいスイーツ満載!今回は、秋の人気コンビ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

妊活中・妊娠中に避けたい食べもの『5』選!

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

女心をくすぐるポップでかわいい「おちょこ」5選*プレゼントにも最適

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

表参道にある調味料専門店「フォムファス」で素敵な調味料を見つけよう♪

表参道 調味料

インターネットやテレビでも話題になっているこちらのお店「VOMFASS(フォムファス)」はオリーブオイル・ビネガーを中心に販売しているお店です。オシャレで可愛くて美味しくて栄養もバッチリ…。今注目の調味料専門…

ザクザク食感がクセになる!簡単「ブラックサンダー」風チョコのレシピ

レシピ チョコレート

コンビニやスーパーで良くみかけるお菓子「ブラックサンダー」。ザクザクとした食感が人気のチョコレート菓子です。今回は、広い世代で愛されるブラックサンダー風チョコのレシピを動画付きでご紹介。材料は3つだけの超簡単…

焼かずに出来ちゃう!M&M'Sで「チョコピーナッツバターバー」の作り方

チョコレート レシピ スイーツ

クリスマスまであとわずか!M&M'Sチョコをトッピングして今のシーズンにぴったりのチョコバーを作りませんか?焼かずに作れて便利ですよ。またM&M'Sを使ったブラウニーピザのレシピも紹介しま…

ページTOPに戻る