クッキーを作るときの代用品

クッキーにもコーンスターチが使われることがあります。これは小麦粉だけでクッキーを作るより、サクッと軽い食感になるから。こんなときの代用品は米粉です。米粉のさっぱりしたグルテン(粘りのもと)が、クッキー独特のサクッとした食感をつくってくれますよ。ただし、米粉が多すぎるとつながりが悪くなってしまうので、使う量はコーンスターチと同量にしましょう。

シフォンケーキを作るときの代用品

シフォンケーキを作るときにコーンスターチを使う理由は、メレンゲの泡をしっかりと保形させるため。コーンスターチを使うレシピはごくまれですが、もしそのようなレシピでシフォンケーキを作りたい!と思ったら、思い切ってコーンスターチなしで作ってみましょう。その代わりちょっとひと工夫を。まず、ケーキを作る前に卵白を冷凍します。作るときには、卵白を半解凍の状態からハンドミキサーで泡立てます。冷凍した卵白は、泡立ちやすい状態に変化してそのまま泡立てたものよりも泡立ちやすいんです。これでコーンスターチがなくても、きめの細かいしっかりしたメレンゲができますよ。

ちょっとの工夫でお菓子作りを楽しく

いかがでしたか? そのお菓子でコーンスターチはどんな働きをしているかわかれば、身近な材料で代用することができますね。お菓子を作りたい!と思ったときにこんな風に代用できる方法を知っていれば、すぐにお菓子が作れて便利ですよ。ちょっとの工夫でお菓子作りはもっと楽しくなります。ぜひ、試してみてくださいね。
▼その他の知っておきたい代用品はこちら
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ