連載

「黒豆茶」が妊活のカギ。血流をよくして妊娠力を高めよう

子宝薬膳家がお勧めする、自分で、自宅でできる妊活薬膳。連載3回目となる今回から、体質別におすすめの食材をご紹介していきます。今回は、血の巡りを促して、健康体質に切り替える「黒豆茶」の効能についてお話ししましょう。

2016年7月11日 更新

黒豆茶は生理痛を軽減させる

黒豆には、血を巡らす、血をふやす、むくみをとるといった女性に嬉しい働きがあります。 実際、10数年間ずっとズキズキする生理痛に悩まされていた私のお客様に、黒豆茶を1日1杯、2週間飲んでもらったところ、生理痛がなくなったという例もあります。

そのほか、「経血に混じる塊が小さくなった」、「経血の色が鮮やかになった」など、薬効の高さに対する喜びの声が多く届いています。数ある薬膳食材のなかでも、最も反響の高いもののひとつ、それが黒豆茶なんです。

薬膳では量より頻度を重視しますから、お茶で薬効を得る方法は、とても簡単でお勧め。毎日黒豆を食べていたら飽きてしまいそうでも、黒豆茶であれば気軽に飲めますよね。また、お茶のような液体であれば、消化力が弱い方でも薬効を取り入れやすいという利点もあります。

質の良い黒豆茶を選ぼう

最近では健康食品の専門店だけでなく、スーパーなど身近なお店でも、手軽に黒豆茶を変えるようになりました。ただし、スーパーなどで売られている黒豆茶の場合、黒豆がお湯に浮いてしまうようなスカスカなものも少なくありません。黒豆がお湯に沈むくらい、しっかりと質量があるものを選んでくださいね。

黒豆茶で血の巡りを促し、サラサラとした血を目指していきましょう。血が体内を巡るようになれば、体調も整って、妊活の大きな後押しになるはずです。
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

子宝薬膳家:多々良綾花

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう