1回でもちもち肌に!「ゼラチンパック」で毛穴の汚れも取り除こう

「ゼラチンパック」とは、ゼラチンの主原料であるコラーゲンの効果を生かして、若々しい肌を取り戻す手作り美肌パックのこと。とくに保湿作用と、毛穴の汚れを取る作用にすぐれています。今回は、ゼラチンパックの効果、作り方、やり方を詳しくご紹介します。

2017年12月1日 更新

ゼラチンパックとは

食品を上手に活かした手作りの美肌パックが人気ですね。安価で簡単に作れて、美肌効果も高いことから、自宅で気軽に試す人が増えています。macaroniでも以前、幾つかの手作りパックをご紹介しています。
手作りパックは使用する材料の作用に応じて、少しずつ効果が異なります。特に美白効果が高かったり、保湿効果が大きく期待できたり。今回ご紹介する「ゼラチンパック」は、肌をもっちりとした艶やかな質感に変えたり、毛穴の汚れを取る効果が見込めるパックです。

ゼラチンパックがほかの手作りパックと違う点は、材料に多彩な栄養成分が含まれているわけではなく、たったひとつの成分によって美肌効果が得られること。その成分とは、「コラーゲン」です。化粧品やサプリなど、さまざまな商品に配合されている成分ですから、ご存じですよね。

でも、そもそもコラーゲンって、どんな働きがあるのかといわれると、意外と知らなかったりします。今回は、ゼラチンパックの効果、作り方、やり方を詳しくご紹介します。

ゼラチンパックの効果

ゼラチンに含まれるコラーゲンの割合は、なんと87%。ほぼコラーゲンのみで構成されています。動物の皮膚や骨、腱などの主成分であるコラーゲンに熱を加えて抽出したものですから、当然といえば当然です。

コラーゲンと肌の関係

体内に存在するたんぱく質のうち、コラーゲンは約3分の1を占めます。肌はもちろん、人体にとって欠かせない成分です。肌に関していえば、真皮と呼ばれる部分のおよそ70%がコラーゲンで占められており、肌の弾力を維持しています。また、真皮から表皮に栄養を送る働きも担っています。

ただし、コラーゲンは年齢を重ねるとともに減ってしまいます。そうすると肌の弾力が失われ、少しずつ肌がたるんできてしまうんです。栄養を送る働きも十分に担えなくなるので、シミやくすみの原因にもなります。

ですから、外部からコラーゲンを補給してあがることが大切。そこで活躍するのが、コラーゲンをたっぷりと含んだゼラチンパックです。

ゼラチンパックを肌に塗布すると、コラーゲンが肌から浸透して、肌がツルツル、スベスベになります。しっとりと潤いあふれる肌質に変わるんです。また、ゼラチンパックにはピーリング効果も期待できるので、毛穴の汚れや角質の除去にも役立ちます。

ゼラチンパックの作り方

1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tep

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう