ライター : 須賀いづみ

フードデザイナー / オーガニックコンシェルジュ

フードライター、朝食ワークショップ「Good Morning Japan」主宰。 化粧品会社に勤めた後、食と美の可能性に目覚めフードデザイナーに転身。見た目も華やかで美しいフード作りを得意と…もっとみる

料理写真は、盛り付けが命!

料理を作るときに一番大切なのは、なんと言っても「味」ですよね。できあがった料理を食べる瞬間は、本当に幸せな時間です。 しかし、Instagramに料理をアップするとき、その「味」を伝えることはできません。伝えられるのは「見た目」だけ。ならば、盛り付けにはとことんこだわりたい! ありきたりなサラダだって、盛り付けひとつでレストランさながらのアートなひと品に大変身させることができます。

参考にすべきは、世界の有名レストラン

さあ、美しく盛り付けましょう! ……と言っても、盛り付けのアイデアはそう簡単には浮かびません。ここで参考にしたいのが、海外の有名レストランです。 特に、食と美術が融合されている食事として注目したいのは、ガストロノミーの代表「ジョエル・ロブション(Joël Robuchon)」や、世界一のレストランとも言われているデンマークの「ノーマ(Noma)」、世界一予約の取れないレストランとも言われていたスペインの「エル・ブジ(elBulli)」(現在は閉店)の料理たち。 これらの料理の写真を検索すると、見ているだけワクワクするようなものばかりです。自分では思いもよらないアートな料理ばかり! Instagramのハッシュタグを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
さて、それでは「一流レストランみたい!」と思われそうな、インスタ映えするおしゃれサラダの作り方を紹介します。

【レシピ】アボカドカレーディップで食べるアートサラダ

材料

サラダ用野菜  ベビーリーフ  ミニトマト  ズッキーニ(輪切りにしてグリルする)  ニンジン(ピーラーでリボン状に薄くスライスし、くるっと巻く) アボカドディップ  アボカド 1個  ヨーグルト 大さじ2  レモン汁 小さじ1  カレー粉 小さじ1  塩コショウ 適量

作り方

1. まずアボカドディップを作る。アボカドは1cm角に切る。 2. 材料を全てフードプロセッサーに入れて、なめらかなディップ状にする。 3. お皿のふちに沿って野菜を盛り付け、2のアボカドディップを添えて完成。 4. お好みで、パプリカパウダーやピンクペッパーなどの赤い食材をアボカドディップに足すと、さらに見栄えがよくなります。

いつも通りの材料で“アート”なひと皿を

今回、挑戦したのはアートサラダ!お皿のふちに沿って野菜を並べ、アボカドディップを添えたものです。 あえて野菜をお皿の片側に並べることで、レストラン風の仕上がりに。使っている野菜は、いつもと変わらないのに、見た目の印象はガラリと変わります。
また、もうひとつ大切なポイントがディップやソースの添え方です。 レストランの料理写真を参考にすればアレンジも無限大!点々と垂らしたり、スプーンを使ってディップを引き伸ばしたりしてみてもきれいですよ。 ぜひいろいろな盛り付け方を試して、あなただけのアートなひと皿を作ってみてくださいね。
Illustration by Natsuko Akahani
▼ これまでの連載記事はこちら。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ