絶品「氷出し緑茶」の作り方。お茶の甘さを十二分に味わおう

「氷出し緑茶」を知っていますか?緑茶のうまみや甘みをしっかり引き出せて、渋みもおさえられる抽出方法なんですよ。暑くなるこれからの季節にぴったりな「氷出し緑茶」の作り方と、「水出し緑茶」作りにおすすめな冷水ポットや急須をご紹介します!

「氷出し緑茶」を知っていますか?

家で緑茶を淹れる場合、お湯を使うことが多いのではないでしょうか。熱いお茶はおいしく、ほっとひと息つきたい時にぴったりですが、実はお湯の温度が高くなればなるほど、お茶にふくまれる渋み成分が出てしまんです。うまみ成分であるアミノ酸は低い温度でもしっかりと出ますし、渋み、カフェインは出づらくなるんですよ。

0度でじっくり抽出する氷出し緑茶は、渋みをおさえながら、緑茶のうまみを存分に引き出すことができる、最適な抽出方法といえます。

どうやって作るの?

「氷出し緑茶」とは、名前通り、とけた氷のしずくを使ってゆっくりとお茶を抽出する方法です。氷が自然にとけるのを待つわけですから、当然時間はかかりますが、その分おいしさは格別!甘みをしっかりと感じられるお茶が淹れられるんですよ。

用意するもの

・お好みの緑茶
・氷
・冷水ポットや急須

500~700mlの冷水ポットいっぱいに淹れるためには、茶葉は10gぐらいが適当です。急須で淹れる場合は、お湯で淹れる場合と同量でOKですよ。

作り方

1. 冷水ポットや急須の底に茶葉を広げて敷き詰めてから、容器が一杯になるまで氷をたっぷり入れます。

2. そのまま手を触れずに、常温で3~4時間おいておきます。

3. 氷が完全にとけたら、容器を軽くシェイクします。抽出されて底の部分にしずんでいたお茶のエキスが混ざって、きれいな緑色になります。

氷がとけていくにしたがって、お茶のエキスもしみ出してきます。冷蔵庫で作るとより時間がかかるので、夜寝る前にセットしておくのがおすすめです。翌朝おいしい緑茶が楽しめますよ。

急須で淹れたお茶は、必ず1煎ごとに全部注ぎ切りましょう。1煎目は一番香りが強く、繰り返し淹れれば4〜5煎は楽しめます。

ポットで淹れる場合も、急須で淹れる場合も、お茶がいたみやすいので1日以内に飲み切りましょう。

「氷出し緑茶」におすすめの容器

透明のポットや急須で「氷出し緑茶」を淹れると、氷がゆっくりと溶けていく様子も見ることができて、眺めているだけで涼しい気持ちになりそうですね。「氷出し緑茶」作りにオススメの、ポットや急須をご紹介します!

横置きもできる!

縦置きでも横置きでも冷蔵庫に収納可能な冷水ポットです。蓋にティーバッグホルダーが内蔵されているので、便利ですね。1.8ℓと大容量なので、お子さまのいるご家庭にもおすすめです。

携帯にも便利な水筒型

業務用としても長く愛されているロングセラー商品。水筒型になっていますので、携帯もできます。容量は600ml。

シックなデザインでテーブルにもOK

シンプルな造りで使いやすく、ハンドル部分も持ちやすい冷水ボトル。カフェで見かける冷水ボトルのようなシックなデザインなので、そのままテーブルに出してもはずかしくないですね。冷蔵庫のドアポケットにもスマートに収納できます。

耐熱ガラスなのでホットにも

特集

SPECIAL CONTENTS