ローディング中

Loading...

連載:おとなの食育 〜手作り保存食のすすめ〜

食材を無駄にしないための先人の知恵「保存食」。今回は中でもおすすめな保存食「自家製ツナ」のレシピをご紹介します。旬を感じられてフードロスも減らせる自家製保存食は、作っておいて損はありません!ぜひ試してみてくださいね。

この時期おすすめの"保存食"

前回は、保存食の基本の種類や方法についてご紹介しました。今回はそのなかから、この時期おすすめの"手作り保存食"をご紹介します。
いくつかある保存食作りの方法のなかで、今回の記事で取り上げるのは”油でコーティングする”保存食。
油で食材をコーティングすることによって、食材の水分と空気を遮断し、劣化を遅らせる保存方法です。また、油でコーティングする前に塩で下処理し、さらに油で煮込むことで保存性を高められます。

ツナはなにから作られている?

さて、”油でコーティングする”保存食の代表選手、「ツナ」。シーチキンと呼ぶ人も多いですが、「シーチキン」ははごろもフーズの商品名ですね。
みなさん、ツナはなにから作られているかご存知でしょうか?

実は材料はいたってシンプル!
「まぐろ」と「オリーブオイル」、そこにお好みで「ハーブ」があれば完璧です。
まぐろは、サクでもアラでも中落ちでもOK!スーパーでお手ごろ価格になっているのを見かけたら、ぜひ気軽にご自宅で作ってみてほしい保存食のひとつです。
自分で作れば保存料の心配なく無添加でできますし、塩の量やハーブの種類など、ご自分のお好みで自在に調整できるところが手作りの良いところです。

自家製ツナのレシピ

材料

・まぐろ(サクでもアラでも中落ちでも可)
・オリーブオイル:まぐろがヒタヒタに浸るくらい
・塩:ひとつまみ
・お好きなハーブ(ローズマリー、タイム、ローリエ、にんにくなど)
・こしょう(お好みで)

手順

1. まぐろの両面にひとつまみの塩をまんべんなくふり、30分〜1時間ほどおいておく。
2. キッチンペーパーで軽くおさえて水気をとる。
3. 浅めの鍋(もしくはフライパン)に、オリーブオイル、ハーブ、にんにくを入れて、オリーブオイルに香りをうつしておく。
4. まぐろを入れ、ひたひたに(かぶるかかぶらないかくらいに)なるまでオリーブオイルを足し、弱火にかける。
ここでしっかりとまぐろを油でコーティングすることによって、食材の水分と空気を遮断し、劣化を遅らせることができます。
5. 表面が白っぽくなり火が通ったら、火をとめる。蓋をして、そのまま余熱で火を通す。
6. 粗熱がとれたら、味をみて、足りなければ塩、こしょうで味付け。
7. 保存する場合には、オイルごと容器に入れて保存。
保存期間は冷蔵庫で2週間程度。保存するときには必ずツナがオイルに浸かっている状態にしましょう。
また、保存時にハーブやにんにくを一緒にいれてもかまいませんが、あまり長くいれすぎると香りが強くなりすぎる場合もありますので、お好みで適宜外してくださいね。

ノンオイルツナを作るときは?

スーパーの陳列棚には、「オイル漬け」と「ノンオイル」のツナ、2種類あるのをご存知ですか?

ノンオイルというのは、書いて字のごとく油は不使用で、代わりに野菜スープなどで煮たものです。

《おとなの食育 〜手作り保存食のすすめ〜》の記事一覧

レシピ

ご自宅で余りがちな小麦粉を使って生パスタを作ってみませんか?時間もあまりかからずに気軽に作れるだけでなく、なによりできたての生パスタは乾麺にはないモチモチ感が魅力!前回ご紹介した完熟トマトのソースにもぴったり…

トマト トマトソース レシピ

この時期、安く買えておいしい完熟トマト。でも、完熟トマトはちょっとした傷からカビが生えがちです。おいしいトマトを買ったら、ぜひ「基本のトマトソース」作りに挑戦してみましょう。フライパンひとつで作れる手軽さもう…

しょうが

料理をするのも億劫な暑い季節におすすめしたいマリネの作り方を紹介します。漬け込むことで食材を上手に保存する工夫「マリネ」。魚だけでなく肉や野菜、フルーツもおすすめ。さらに、しょうがの力をプラスした夏にぴったり…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パン レシピ ランチ クロワッサン まとめ

優良ブランドの食材や日用品を格安で購入できると日本でも人気の、会員制倉庫型店「コストコ」。中でもサクッと美味しい『バタークロワッサン』に結構みんなハマってるみたい!アレンジ次第で色んな具材と楽しめるので、朝食…

メイソンジャー レシピ サラダ まとめ

最近話題のジャーサラダ♡今回はノンオイルドレッシングで作るヘルシーなジャーサラダを3種類ご紹介します!是非、これからの時期のお花見にいかがでしょうか?とってもおしゃれなので差し入れにもピッタリですよ♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

さとみひろこ

フードディレクター / 食育指導士。ランチタイムの1時間を使った料...

http://thinkabouteat.jp/

ページTOPに戻る